ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

angela初の武道館で4時間の“特大サーカス”、アニメ『アホガール』主題歌も発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
angela初の武道館で4時間の“特大サーカス”、アニメ『アホガール』主題歌も発表

 angelaが、2017年3月4日、自身初の日本武道館での単独ライヴ【angelaのミュージック・ワンダー★特大サーカスin日本武道館~僕等は目指したShangri-La~】を開催した。

angela 日本武道館公演写真

 2010年からangelaの年末ライヴとして恒例となっていた【大サーカス】が、今回は【特大サーカス】となり日本武道館にて開催。会場の入り口には、ライヴ・タイトルの入った巨大な豪華レッドカーペットが敷かれ、ライヴに来る“ぢぇらっ子”たちを歓迎。そして、会場外ではクラウンが観客を盛り上げ、スタート前からすでにお祭りムードに溢れていた。

 開始時刻を迎えると場内のモニターに、外からレッドカーペットを歩いて入ってくるangelaの姿が映し出され、会場のボルテージはMAXに。ステージ上の大きな白い幕が開き、現れたangelaの二人は「DEAD OR ALIVE」からライヴをスタートさせる。「来たぞ武道館!!」とKATSUが叫ぶと会場の熱気はさらに上昇。一方で、atsukoが「デビュー14年、結成24年…」と武道館のステージに立つ喜びを噛み締めていると、「泣いてるんじゃないよ!」と、すでに泣いているアリーナ席の観客たちにKATSUが声をかけるシーンも。

 そんな中、angelaのプロデューサーである中西氏(キングレコード)と中継がつながる。「主題歌タイアップ」と書かれた目録を持った中西氏は現在新宿にいて、ライヴ中に武道館まで走ってangelaに届けるという。走り出す中西氏の背中を見届けたところで中継は終了したのだった。

 当日会場で特別販売されたCD『パーソナル裏ベスト』から、atsukoの選曲「此処に居るよ」、KATSUの選曲「Yell for you」、そしてクラウンやダンサーとともにステージ上を盛り上げる「cheers!」などに加え、新曲「Dream on」も初披露されるなど、会場の盛り上がりはより一層増していく。メンバー紹介が行われたあと、ステージのセンターから幻のアイドル“アイドルあっちゃん”が登場すると、作詞作曲に初挑戦した楽曲「お願い!シャングリラ」を披露。コール&レスポンスも完璧な1曲で観客を沸かせてみせた。

 あっちゃんのステージが終わってしばらくすると、会場の両サイドからトロッコで登場するangela。アリーナを一周しながら「over the limits」「イグジスト」を披露。そして、デビュー曲であり代表曲である「明日へのbrilliant road」を、振付レクチャーしてみんなで歌唱すれば、会場はさらに一体となる。「騎士行進曲」では曲中MCで「結成して24年、デビューして14年、たくさんの苦しいこと辛いこともあり、やめたいと思うこともありました。でもこの日を迎えられたのは、ぢぇらっ子のみんながいてくれたからです! ありがとう!」と感謝の思いを熱く伝え、本編ラストを締めくくる。

 アンコールではドメスティック・ラヴバンドが登場。おなじみの“家族愛”コールで会場を温める。1曲披露したところで、「中西さんを忘れていないか?!」と映像が映し出され、新宿、浅草、そしてなぜか雪の中を走る中西氏の姿が。会場では「負けないで」を大合唱。すると、アリーナの扉から中西氏が登場し、感動のゴールをステージ上で迎え、そこでついに目録が渡された。タイアップは今年の夏に放送開始するTVアニメ『アホガール』の主題歌であることが発表されたが、ドメラバへのタイアップではない、と彼らは受け取らず、ライヴの最後にangelaの手元にしっかりと届けられたのだった。

 アンコールでは「幸せの温度」、初披露の「memories」としっとりとしたバラードから、「シドニア」では一気に会場を再燃させ、ダブルアンコールでは代表曲「Shangri-La」を披露。「またここで会おう!」とぢぇらっ子たちと誓い合い、4時間に及ぶ特大サーカスのラストを締めくくった。

写真:釘野孝宏、深野輝美

<セットリスト>
OPENING
1.DEAD OR ALIVE
2.その時、蒼穹へ
3.Different colors
4.KINGS
5.此処に居るよ
6.Yell for you
7.cheers!
8.Dream on
9.是、夏祭り
10.沖縄っぽいインスト(メンバー紹介)
<アイドルあっちゃん歌唱コーナー>
11.お願い!シャングリラ
12.蒼い春
13.over the limits
14.イグジスト
15.明日へのbrilliant road
16.Peace of mind
17.KIZUNA
18.蒼穹
19.僕は僕であって
20.騎士行進曲
<ドメスティック・ラヴバンド コーナー>
21.Shangri-La
22.負けないで
23.大団円の歌
<Encore1>
24.幸せの温度
25.memories
26.シドニア
<Encore2>
27.Shangri-La

関連記事リンク(外部サイト)

影山ヒロノブ 40周年記念ライブイベント開催決定! 遠藤正明/angela/織田かおり/Geroら出演も
“ゼロからイチへ”蘇る歴史と新たなる挑戦! ラブライブ!サンシャイン!! Aqours 1stライブ横浜アリーナ2daysレポート
井上実優 メジャーデビューシングル「Boogie Back」アニメ『ドラゴンボール超』ED曲に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。