ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

リアーナやザ・ウィークエンド参加!ポップ路線の2週連続リリース第2弾/『HNDRXX』フューチャー(Album Review)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
リアーナやザ・ウィークエンド参加!ポップ路線の2週連続リリース第2弾/『HNDRXX』フューチャー(Album Review)

 2017年2月17日に5thアルバム『フューチャー』をリリースしたばかりのラッパー、フューチャーが、翌週の24日に通算6枚目となるスタジオ・アルバム『HNDRXX』を連続でリリースし、話題を呼んでいる。

 『フューチャー』は、ゲスト・ミュージシャンを一切使わず、全17曲全て自身のラップだけで勝負した意欲作。リリックは自分の現状について歌われたものが多く、サウンドもフューチャーらしい、男気溢れるヒップホップ・トラックで統一されていた。一方、新作『HNDRXX』は、ザ・ウィークエンドやリアーナといった人気歌手を招いた商業的なアルバムで、売れ線の曲が並ぶ。2作のコンセプトの違いは明らかだ。

 ザ・ウィークエンドがボーカルを担当する「カミン・アウト・ストロング」は、現在ヒット中の「スターボーイ」に近いR&Bソングで、その他にも、オートチューンを使った「ユーズ・ミー」や、フロアライクな「ティスティファイ」など、キャッチーなナンバーが目白押し。

 リアーナとのコラボ曲「セルフィッシュ」は、大衆受け狙いのポップ・ソング。シングルカットしたら、ヒットは間違いないだろう。もちろん、前作に収録されていたようなトラップ・ソング「マイ・コレクション」や「キープ・クワイエット」も健在。フューチャーの高速ラップが光る「ダメージ」も完成度高い。

 制作/プロデュースは、フューチャーを中心に、前作『フューチャー』と同じメンバーが担当。メトロ・ブーミンや808・マフィアに加え、本作にはジ・マスタードやDJスピンズ、ビヨンセやニッキー・ミナージュなどのヒットを手掛けたディーテイルも参加している。

 『フューチャー』は、2017年3月11日付全米アルバム・チャートでNo.1デビューを果たしていて、本作『HNDRXX』が続けて首位を獲得すれば、全米チャート初の快挙となる。連続でリリースされたのは、記録を更新するためではなく、契約上の問題と報じられている。フューチャーのアルバム・リリースに気遣ってか、2月中に発売すると宣言していた、ドレイクの新作『モア・ライフ』はリリースが延期されている。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
『HNDRXX』
フューチャー
2017/2/24 RELEASE
https://goo.gl/6peQRE

関連記事リンク(外部サイト)

【米ビルボード・アルバム・チャート】フューチャーのセルフ・タイトル作が堂々の初登場1位
全米チャート初登場1位濃厚! フューチャーの想いが詰まった初のセルフ・タイトル作(Album Review)
短期間でアルバムを2枚ドロップしたフューチャー、インタビューで心境を語る「全て出し切る機会を得たことが嬉しい」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。