ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

“愛”がテーマのザ・チェインスモーカーズ&コールドプレイによる最強タッグ(Song Review)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
“愛”がテーマのザ・チェインスモーカーズ&コールドプレイによる最強タッグ(Song Review)

 2016年度、首位最長記録を達成した「クローサー feat.ホールジー」(12週)が、現在も大ヒット中の、ザ・チェインスモーカーズ。この曲や「ドント・レット・ミー・ダウン feat.デイヤ」が収録されたEP盤『コラージュ』(2016年11月4日発売)もロングヒットを記録する中、初のフル・アルバム『メモリーズ…ドゥー・ノット・オープン』を、2017年4月7日にリリースすると発表し、本作からの先行シングル「サムシング・ジャスト・ライク・ディス」が、2月22日に発売された。

 同日に開催された【ブリット・アワード2017】で、コールドプレイと共にサプライズ出演し、初披露したことが大反響を呼び、アワード後に公式チャンネルで公開されたリリック・ビデオは、1週間で4000万視聴回数を記録している。タイトルの「そんな何か」が示すのは、金や権力よりも、愛(そんな何か)だと言うこと。

 2015年にリリースした大ヒット曲「ローゼズ feat.ロゼス」のような、煌びやかなフューチャー・ベースを起用したナンバーで、クリス・マーティンのボ―カルとも相性抜群。一部の視聴者からは、「ローゼズ」にソックリだと指摘されているが、これこそ、確立されたザ・チェインスモーカーズのサウンドと言っていいだろう。

 制作したのは、ザ・チェインスモーカーズの2人と、彼らのヒット曲「クローサー」や「ドント・レット・ミー・ダウン」を手掛けた、ジ・スウィベル。過去には、ビヨンセやジェイ・ショーンのアルバムにも参加している、注目のプロデューサーだ。もちろん、コールドプレイのメンバーである、クリス・マーティンやガイ・ベリーマン、ジョニー・バックランドも制作に携わっている。

 『メモリーズ…ドゥー・ノット・オープン』からは、1月13日に第一弾シングルとして「パリ」がリリースされていて、全米・全英チャートはじめ、各国でTOP10入りを果たしている。同日4月7日にリリースされる予定の国内盤のみ、大ヒット曲「クローサー」が収録される。コールドプレイは、4月19日に東京ドームで来日公演が決定していて、ザ・チェインスモーカーズも3月12日から6月10日まで、アメリカ、カナダで全40公演を行う予定。

Text: 本家 一成

◎リリース情報
「サムシング・ジャスト・ライク・ディス」
ザ・チェインスモーカーズ&コールドプレイ
2017/2/22 RELEASE
https://goo.gl/RruQdB

関連記事リンク(外部サイト)

ザ・チェインスモーカーズ×コールドプレイ、コラボ曲をサプライズ解禁
ザ・チェインスモーカーズ×ソニー、「パリ」のVRミュージック・ビデオを制作
ザ・チェインスモーカーズ、人気モデル出演の「パリ」MV公開&リミックスEPリリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。