ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

GW開催、日本最大級のクラシック・フェス「ラ・フォル・ジュルネ」今年のテーマは「舞曲の祭典」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
GW開催、日本最大級のクラシック・フェス「ラ・フォル・ジュルネ」今年のテーマは「舞曲の祭典」

 ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2017が、今年も5月4日から6日までの3日間、東京国際フォーラムを中心とした大手町・丸の内・有楽町エリアにやってくる。今年のテーマは「ラ・ダンス 舞曲の祭典」だ。

 太古の昔より、人が踊るところにはいつも音楽が奏でられてきた。最も原初的な表現行為であるダンスは、常に音楽とともに民衆の中から生まれ、ごく早い時期からクラシック音楽に影響を与えている。

 「舞曲」と「リズム」を切り口に、ルネサンスから今日まで600年間のパノラマを展開する今年のLFJでは、宮廷舞踊や民俗舞踊を取り入れた傑作から、20世紀以降のジャズやロック、ワールド・ミュージックに触発された作品、さらにはタンゴやフラメンコ、和太鼓やジャズまで、躍動感あふれる多彩なプログラムが目白押しとなる。打楽器が大活躍する曲や、スペイン・中南米の作曲家の曲が多く演奏されるのも今年の特徴だ。

 民俗舞曲に触発された国民楽派の傑作としてドヴォルザーク「スラヴ舞曲」、ブラームス「ハンガリー舞曲」、コダーイ「ガランタ舞曲」などを始め、チャイコフスキーをはじめとしたバレエ音楽の傑作、宮廷舞踊や民俗舞踊のスタイルを取り入れたルネサンス~ロマン派の交響曲・協奏曲・器楽曲としてバッハ「無伴奏チェロ組曲」、シューベルト「ドイツ舞曲集」、リストやサン=サーンスの「死の舞踏」、ジャズやロック、ワールド・ミュージックに触発された20世紀以降の傑作としてピアソラ「タンゴの歴史」マルケス「ダンソン第2番」と、幅広く好奇心を充足させるプログラミングが繰り広げられる。

アルゼンチンの作曲家バカロフによるバンドネオンをフィーチャーした南米の宗教曲「ミサ・タンゴ」や、世界が注目するジャズ作曲家挾間美帆によるバレエ音楽「組曲:The DANCE」日本初演、脱ジャンル音楽パフォーマンス集団渋さ知らズによる渋さ版「舞曲の祭典」など、クラシックファンならずとも立ち会いたい公演ばかりだ。チケット一般発売開始は2017年3月18日。

関連記事リンク(外部サイト)

【ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2016】イベント・レポート
【ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2015】総力レポート
【ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2014】総力レポート

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。