体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「UberEATS」はなぜ成功した? UberJapanの社長に聞いてみた

articleTalkThumbs[‘t’] = ‘img001.png’;

ここ数年で日本でも急速に成長しているオンデマンドビジネス。そもそもオンデマンドとは、ユーザーの要求に応じてサービスを提供するという意味で、UberやAirbnb、Lyftといったサービスがすでに日本でもよく知られている。

インターネットやスマートフォンの普及によって、時間や場所を問わずさまざまなサービスを受けることが可能となり、いまや生活の一部として日常的に利用している人も多いだろう。

そのなかでも、スマートフォンアプリを利用したオンデマンドビジネスの新たなモデルとして世界中で利用者を増やしているのが、2009年に登場した配車アプリ「Uber」だ。Uberは、東京で実施しているハイヤーの配車だけでなく、ドライバー登録している一般人が自家用車を使い、空いた時間にお客さんを運ぶことができる、今流行りの「シェアリングエコノミー」を体現したサービスで、北アメリカを中心に世界70カ国・地域の450都市以上で展開している世界規模のビッグビジネスだ。

そのUberが、新たなサービスとして2016年に日本でスタートしたのが、レストランなどの食事をデリバリーするサービス「UberEATS」。こちらもスマートフォンアプリを利用したサービスで、東京都内の一部地域でUberEATSにアクセスすれば、150店舗以上の提携レストランのメニューを配達してくれるというもので、利用者が増加している。

専用バッグを背負い、できたてのお料理を届けるUberEATSの配達パートナー

UberJapan執行役員社長・髙橋正巳氏が考えるオンデマンドビジネスとは

オンデマンドビジネスの新たなモデルである「移動」をターゲットにして成功したUberは、なぜ新たなジャンル「食」をターゲットにしたアプリを展開したのだろう。今回は、オンデマンドビジネスにまつわる素朴な疑問を、UberJapan株式会社 執行役員社長の髙橋正巳氏に聞いてみた。

UberJapan株式会社 執行役員社長 髙橋正巳氏

――同じオンデマンドサービスとはいえ、UberとUberEATSでは、一見サービスの領域が違うように思えますが、新しい事業としてUberEATSを始められた経緯をお聞かせください。

t「Uberは人やモノの移動をテクノロジーで支える企業です。Uberの配車サービスは、クルマに乗って移動したい人と、乗せたい人をテクノロジーでつないでいます。一方、UberEATSの場合は、同じマッチングのテクノロジーを二者間ではなく、ある料理を食べたい人、その料理を作る人、そしてその料理を運ぶ人の三者を効率的につないでいます。また、配車アプリ同様にUberEATSは世界共通のアプリであり、現在20カ国以上で展開する海外でも非常に人気の高いサービスです。食文化の発達した日本で、新しい”食”の楽しみ方を体験していただくため、2016年9月に東京でサービスを開始しました。」

――UberEATSを日本でスタートさせた理由は、食文化にあったんですね。

t「そうですね。日本は世界でも名を馳せる食文化の発信国であり、食にこだわりを持つ方もたくさんいらっしゃいますし、数多くのレストランや飲食店がありますよね。それから出前文化や弁当文化も根付いており、デリバリーサービスを受け入れやすい土壌もありました。そのなかでマッチングテクノロジーを生かすことにより、アプリのボタンをタップするだけで、精進料理やイタリアン、エスニック料理からチョコレートケーキまで、多様な料理がすぐにドア先まで届けられるという、新しいサービスを紹介できることは、私にとってとてもワクワクすることでした。配達先としてもGPS機能を生かすことで、自宅やオフィスだけでなく、公園などの外出先やお呼ばれしたホームパーティ先でも場所を問わずにお楽しみいただけるという、新しいライフスタイルの提案にもつながりました。」

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会