体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【検証!】世界最小の落とし物追跡タグの実力をみんなで試してみた

財布やカギが見当たらなくて、ドキッとした経験は誰しもあるだろう。筆者もたまにあるが、往々にして部屋や事務所に置き忘れていたり、カバンのいつも使わないポケットに入っていたりしてホッとすることが多い。とはいえ、確認できるまではヒヤヒヤ。カードを停めるべきかどうかを悩むこともある。そんなときに役立ちそうなのが、落とし物追跡タグ「MAMORIO」だ。

最後に離れた場所をスマホに教えてくれる

「MAMORIO」は全4色あり。3,500円(税抜)

仕組みは簡単だ。「MAMORIOアプリ」をインストールしたスマホと「MAMORIO」をBluetoothでペアリングして、財布に入れたり鍵に取り付けたりするだけ。「MAMORIO」がスマホから離れるとプッシュ通知が送られてきて、最後に離れた場所を地図で確認できるというもの。

たとえば、財布に「MAMORIO」を入れておけば、持たずに自宅を出ると通知が送られる。もし通知に気がつかなくても、最後に離れた場所が自宅ならば、紛失や盗難の可能性は低いと判断できるわけだ。外出先で忘れた場合、最後に離れた場所が特定できるので、探しやすくなるだろう。また、置き引きなどにも効果を発揮しそうだ。

さらにユニークなのは、「みんなで探す」機能だ。これは、「MAMORIOアプリ」をスマホにインストールしているユーザーが、紛失した「MAMORIO」とすれ違ったときにその場所を知らせる機能。

さて、それで落とし物は本当に見つかるのだろうか? 百聞は一見に如かず。実際にどうやって落とし物を見つけるのかを試してみよう!

薄くて軽いから邪魔にならない

協力してもらったのは、編集部員のイノケン。

「MAMORIO」のサイズは、長さ3.5×幅1.9×厚さ0.34㎝、重量は約3g。思っていたよりも薄くて軽い。これなら鍵に引っ掛けたり、財布に入れたりしても全然邪魔にならないサイズ感だ。

まずは設定から。「MAMORIOアプリ」をダウンロードして、メールアドレスやパスワードを入力して、「新規登録」を行う。

「新しいMAMORIOを登録」をタップ。すると、画面に「MAMORIO」と同形の図が表示されて、そこに「MAMORIO」を置いて30秒ほど待つように指示が出る。

ポンと載せて待つと、ペアリング完了。このユーザーインターフェイスはわかりやすい。ちなみに、Bluetoothでの接続なので、複数の「MAMORIO」が近くにあるときには、それらと少し離してペアリング作業を行う必要がある。

1 2 3 4次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。