体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたの好きなその曲、本当に人が歌ったもの? あらためて学ぶ、ボーカロイドのこと

何度歌い直しても、絶対に文句を言わない歌手

ボーカロイド(VOCALOID™)といえば、もはや説明不要であろう「初音ミク」を真っ先に連想するが、この言葉が本来指しているのは、楽器メーカーであるヤマハが開発したコンピュータで歌声を合成するソフトウエアのことだ。ボーカロイドの登場は、パソコンで音楽をつくるDTM(デスクトップミュージック)において革命的な出来事だったと表現して差し支えないだろう。

パソコンでの演奏は、シンセサイザーに代表される電子的な音色を想像するが、ピアノはもちろん、ギターやバイオリン、トランペットをはじめ、なんでも演奏できる。それだけ音源が充実しているということだが、人の声だけはなかなか実現できなかった。もちろん歌声の録音データを加工すればよい話なのだが、そのためには誰かにたくさん、何度も歌ってもらわなければならない。

ボーカロイドは、DTM愛好家たちに「自分が好きなように演出できる歌い手」を届けた。どんなに歌い直しても文句は言わないし、声も枯れない。プロデューサーのリクエストにすべて応えてくれる夢のような存在。2004年にパッケージとして発表され、2007年に声優・藤田咲の声をサンプリングしてつくられたボーカル音源「VOCALOID2 初音ミク」がリリースされると、歌声だけでなくそのパッケージキャラクターも人気となり、大ヒット。以降、ニコニコ動画やYoutube上にボーカロイドを使った作品が次々と投稿されるようになった。

ボーカロイドはどのように歌うのか?

さて、そんなボーカロイドは、どのように歌うのか? こちらの動画で操作方法を紹介している。

音程、長さ、ビブラートからガナリ声まで、多様な表現手法が用意されている。プロでなければ出すのが難しいファルセット(裏声)だってできてしまう。ただし、理解しておきたい点は、ボーカロイドはあくまで音源編集のソフトウエアであること。現在ではさまざまなバーチャル歌手(ボーカル音源のデータ)が販売されているので、ユーザーは好みの歌手データをボーカロイドに読み込ませて歌唱させることになる。絶大な人気と支持を集める「初音ミク」もそのひとつで、札幌の企業であるクリプトン・フューチャー・メディア株式会社が開発・販売を行っているのだ。

画像提供:クリプトン・フューチャー・メディア株式会社

さて、その音源となるのは人の声。声優や歌手が音源制作用にレコーディングを行うのだが、楽曲のレコーディングとはちょっと違う。ボーカロイドの素材として必要な要素を切り出せるよう、子音や母音をさまざまな組み合わせで録音する。余談だが、ここでの録音作業は音を切り出すことが目的なので、意味のない呪文のような言葉をひたすら歌うことになるらしい。これが結構つらい作業とのこと。

レコーディングで収録した音声データをさらに細かい要素に分解し、合成しやすいよう調整を行う。人間の声なので、収録時には唇や舌が鳴ったりしてしまう。そうした余計な音も丁寧に除去するので、ひと通りのデータが揃うのはレコーディングから1年程度かかる。しかも、これは1言語あたりの話。日本語は日本語、英語は英語でそれぞれ収録しなければならない。音源が揃ったら、今度は微調整。実際にボーカロイドに読み込ませ、不自然なつながりになる場所を探して、ひたすら整えていく。エンジニアさんたちのこうした地道な作業のおかげで、DTMファンは楽しく作曲にいそしめるようになったわけだ。

技術はどんどん進化する。植木等もhideも復活!

ちょっと古い話なのだが、2011年にボカロ(ボーカロイドの短縮語)界隈で話題になったのが、植木等の音源データが発表されたこと。植木等の息子さんの声を基にしてつくられたようだが、現時点で製品化されてはいないのがちと残念。

1 2次のページ
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。