ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ロシア企業が、家を丸ごと3Dプリンターで出力することに成功

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ApisCorの3Dプリンターが出力した家屋中東の代表的な世界都市ドバイにおいて、2016年5月、3Dプリンティング技術により“出力”されたオフィスビルが世界で初めて完成。

イタリアでは、エンジニアリング会社のWASPが建設用3Dプリンター「BigDeltaWASP」を開発するなど、建設の分野でも、3Dプリンティング技術の活用がすすんでいる。

・家屋を丸ごと3Dプリンターで“出力”

170304ApisCor2ロシアのエンジニアリング会社「Apis Cor」は、ロシアの大手デベロッパー「PIKグループ」との提携のもと、モスクワ郊外の街スタピノで、専用3Dプリンターを用い、38平方メートルの家屋を建築した。

壁や仕切り、外構は、丸一日かけて3Dプリンターで“出力”。

さらに屋根や窓、断熱材などの取り付け、総工事費は10,134ドル(約115.5万円)となった。

「Apis Cor」が開発した専用3Dプリンターは、最大で高さ3.1メートル、長さ8.5メートル程度の小型クレーンのような形状で、一般的な重機と同様、トラックで運搬可能。建築現場で、建物全体を“出力”できるのが特徴だ。

この3Dプリンターで“建築”した家屋は、玄関、風呂トイレ、キッチンが備えられ、一般的な家屋と劣らず、快適で落ち着いた住空間になっているという。

・3D プリンティング技術により工期短縮やコスト削減を実現?

3Dプリンティング技術は、建築における工期短縮やコスト削減、資材の無駄遣いの軽減につながりやすいのが利点。実用化に向けた今後のさらなる発展に期待したい。

Apis Cor

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。