体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、Honeycomb / ICSで動作するAndroidアプリについてメニューボタンの利用を止めてアクションバーに移行するよう促す

GoogleがAndroidの開発者向けブログで公開した”Say Goodbye to the Menu Button”という記事を通じて、メニューボタンを持たないHoneycomb以降を搭載したデバイス上で動作するAndroidアプリの実装について、ユーザに対して最も直感的でシステムと一貫性のあるユーザーエクスペリエンスを提供することを目的に、メニューボタンの利用を止め、アプリの各オプションをアクションバーに移行するよう呼びかけています。ブログの中では、Honeycomb/Ice Cream Sandwichに最適化されていないレガシーなアプリのためにシステムバー上に表示される”アクションオーバーフロー”ボタン(メニューボタンに相当する)をアクションバー上に移行する方法などのベストプラックティスが紹介されています。
Source : Android Developers Blog


(juggly.cn)記事関連リンク
ドコモスマートフォンラウンジで「Xperia acro HD SO-03D」と「MEDIAS ES N-05D」の先行展示が開始
ソフトバンク、女性向けスマートフォン「HONEY BEE 101K」を本日発売
NTTドコモがプラダブランドのAndroidスマートフォン「PRADA phone by LG L-02D」を発売、英国では27日に発売

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。