体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

好評第2弾!「ちくわぶ」はから揚げにしてもウマいんです【ビールのつまみに最高】

f:id:Meshi2_Writer:20161227174705j:plain

奥深! ちくわぶ研究

今回は「ちくわぶについて考える」第2弾です。

「おでんにはマスト!」と固定ファンも多いけれど、

「ほぼ食べない」

もしくは

「食べたことがない」

という人も少なくない……それが、ちくわぶ。

もともと、東京・千葉・埼玉の一部で「おでんダネ」として愛されてきたローカルフードなんですね。近年は全国で販売されていますが、やっぱりまだまだ全国区とはいえない食材。「東京に来てはじめて食べた」という人も多いでしょう。

以前に『メシ通』で「ちくわぶはおでん以外でもうまいのか?」という記事を作りました。それがこちら ↓

www.hotpepper.jp

ちくわぶ愛好家で漫画家の松本英子さんにも登場いただき、活用法を探求。ツイッターでアンケートも取りつつ、ひじき煮やカレームニエル、トッポギ風、はてはスイーツ活用まで、さまざまな情報が寄せられました。うん、ちくわぶの応用性、実はかなり広いぞ! おでんだけではなく、昔からいろいろと利用されてきたことも分かり、興味深い結果となりました。未読の方はぜひ読んでみてください。

さて、この記事をツイッターで宣伝してたら、テレビでもおなじみ料理研究家の本田よう一さんからリプライが!

ちくわぶは

から揚げにしても

うまいよー (本田よう一)

なんと!

さっそくご本人に作り方を教わってきました。

財布に優しく腹持ちGOOD

きょうの先生 本田よう一さん

f:id:Meshi2_Writer:20161227174038j:plain

【ほんだ・よういち】

1983年生まれ、福島県は泉崎村の出身。料理写真家から料理家の道に進む。現在ではレシピ考案&調理に加え、撮影やコーディネートもこなしマルチに活躍中。野菜たっぷり、素材の味わいを活かした料理に定評あり。栄養士でもあり、減塩レシピなども得意とする。あったかふくしま観光交流大使。トレードマークは水玉。

Youichi Honda Web

──本田先生、きょうも水玉の服が素敵です。それはさておき、早速ちくわぶのから揚げ、教えてください!

f:id:Meshi2_Writer:20170104174911j:plain

はい! ちくわぶは煮るのもおいしいのですが、揚げるとよりもちもちになるんです。クリスピーな食感になると、また味わいも変わりますよ。お財布にやさしく、腹持ちも良すぎるぐらいの一皿です(笑)。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。