ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

どのぐらいホコリが取れるのか?アイリスオーヤマ布団掃除機で実際に布団を掃除して評価・検証レビュー

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

1.2万円台のアイリスオーヤマ布団掃除機コードレスIC-FDC1を買ってみた。あまり調べずに購入した。正直なところ6千円台のアイリスオーヤマ 【超】吸引ふとんクリーナーを購入すればよかった。もしくはパナソニックやシャープや日立の同価格帯(1万~2万円台)の製品がよかったかもしれない。

アイリスオーヤマ布団掃除機コードレスをAmazonでチェック
アイリスオーヤマ 【超】吸引ふとんクリーナーをAmazonでチェック

ダイソンなど3万~4万円もする本格的な布団掃除機を購入する気持ちにはなれない。1万円ぐらいで適度に使える布団掃除機として、アイリスオーヤマ製品を選択した。最近は布団掃除機の競争も激しいようで、1万円台でもパナソニックやシャープや日立など、良さそうな布団掃除機が発売されている。

1万~2万円の布団掃除機をAmazonでチェックして見る

適当に購入したアイリスオーヤマ布団掃除機コードレスIC-FDC1を実際にさわって見てレビューをお届けする。購入を後悔しているように見えるかもしれないが、製品の性能には満足している。十分にホコリが取れる。1万円台の布団掃除機でも十分に満足できることを伝えたい。

アイリスオーヤマ布団掃除機コードレスタイプをレビュー

吸引口を下にしてスタンド状態で設置できる。

裏側にはローラがあり、滑らすように利用して布団を掃除する。

掃除機の吸引口は、タタキ(ぶるぶる振動する)と紫外線ライトが配置されている。タタキは効果がありそうだが、紫外線ライトは気休め程度の機能だろう。接地面に一瞬しか照射されないのだから、効果があると思えない。

スタンド時には、首を曲げて置くようにする。

掃除するときは、首をまっすぐにする。

側面(左右)にはHEPAフィルターが付いた排気口がある。シンプルだが小さいホコリを99.97%ぐらい除去できるフィルターなので、あると安心である。

ゴミを溜めるユニットは、簡単に取り外しできる。

ACで充電する。

バッテリーは比較的大きく、しっかりと作られている印象だ。

掃除機を布団に対して寝かせて、前後に動かすことで掃除する。

布団1枚を掃除してみる。どのぐらいホコリが取れるのだろうか。ちなみに布団は、干したり洗濯しようと思わない程度の状態だ(つまり汚れてきたと感じない清潔な状態、でもこの基準は人によるだろう)。

ホコリが多い部分はセンサーが赤く光り教えてくれる。精度は低いかもしれないが、布団の頭部が来るエリアに対して赤く光っているのでだいたい正しい感じがする。音は普通の掃除機なみであり、重量もあるため、けっこう腕が疲れる。数枚の布団を掃除することを考えると、女性には扱いずらいかもしれない。コードレスではなく、もっと軽量でパワフルなアイリスオーヤマ 【超】吸引ふとんクリーナーが良かったと思った理由でもある。

布団1枚でどのくらいホコリが取れたのか?

ごっそりと白い綿ボコリと、細かいホコリが出てきた。

うわっと思う量である。繊維である布団に対してごしごしと吸引すれば、繊維や綿ボコリが大量に出てくるのは、当たり前であるが、ホコリが取れて綺麗になった気がするものである。精神衛生上、効果的である。十分に効果を感じる。

水洗いで簡単にホコリを取り除ける。

1日で乾燥するので、毎日掃除機をかけることが可能だ。

以上。適当なアイリスオーヤマの掃除機でも十分に満足できた。コードレスである必要は、ほとんど無いかもしれない。むしろ有線タイプのほうが、軽くてパワフルで価格も半額なので、【超】吸引ふとんクリーナーの方が満足度が高い可能性がある。

アイリスオーヤマ布団掃除機コードレスをAmazonでチェック
アイリスオーヤマ 【超】吸引ふとんクリーナーをAmazonでチェック

いわゆるナショナルメーカーも1万円台の高性能で安い布団掃除機を発売している。3万円も出す必要を感じられないが、1万円程度なら購入してみても良いと感じた。吸引したホコリを見ると、布団が綺麗になった気持ちになれ安心できる。
1万~2万円の布団掃除機をAmazonでチェックして見る

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
タチット | 見てさわってレビューしたり作ったりするサイトの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。