体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

FLOW、新作LIVE DVDはサンキューフロウ価格!? トレイラー映像も公開!

FLOWが3月15日に発売する4年ぶりのLIVE DVD『FLOW THE LIVE 2016』のダイジェストトレイラー映像を公開した。
FLOW (okmusic UP's)
2016年も数多く行なった主なライブをDVD2枚組にコンパイルした、その名も「FLOW THE LIVE 2016」! Disc 1にはアルバム『#10』を引っ提げての全国ツアー『FLOW LIVE TOUR 2016「#10」』より、2016年3月26日にZepp Tokyoで開催されたツアー最終公演を中心に収録。2016年2月にリリースされた10枚目のオリジナルアルバム『#10』は、十人十色の様々なゲストアーティストを迎えFLOWのサウンドの可能性をさらに広げた作品。そんなアルバムを引っ提げたツアーファイナルでは、ライブゲストにAFRAを迎えた「DECATHLON feat.AFRA」や、津軽三味線奏者の疾風を迎えた「魑魅魍魎(feat. 疾風)」などを披露し、そのサウンドの融合に会場が熱くヒートアップした。もちろん今回のDVDにはその模様も収録され、アルバム『#10』の世界を映像で存分に楽しめる内容となっている。さらには2016年に海外で行われたライブでの出来事なども余すことなくおり込まれている。日本からは遠くアブダビ、フランス、ブラジル、メキシコの地でFLOWはいかに過ごし、ステージに立っていたのか。これを観れば一目瞭然だ。

Disc 2は記憶に新しい2016年12月31日にディファ有明で開催されたカウントダウンライブ『FLOW COUNT DOWN LIVE 2016-2017「刻ノ陣」』より全24曲を収録し早くも発売される。この日は現在発売中の最新シングル「INNOSENSE」をいち早く披露。代表曲も多数演奏され、さらには年越しカウントダウンの瞬間の模様も収録される。「刻(トキ)ノ陣」といタイトル通り、“時を刻む”ことをテーマに演出が組まれており、円形ステージという変則的な環境のなか、まさかの“ステージ回転”もあり、観客の度肝を抜いたライブだった。天井から円形ステージを楽しめるカメラも設置され、臨場感たっぷりの映像が楽しめる内容となっている。まさにFLOW2016年のライブ活動集大成ともいえるこのDVDは、ファンへの感謝も込めて2枚組¥3,926+税(サンキューフロウ価格)で発売される。こんなところもFLOWらしい。約3分にまとめられたこのダイジェスト映像を見るだけでも、商品への期待が高まる内容だ。尚、現在全国店舗にて予約受付中。予約特典として店舗特典・ライブ会場特典あわせて全3種のオリジナルバッジが用意されており、是非こちらもチェックしたい。

そして、2017年7月からはデビュー15周年に突入するFLOW。まさにその7月から始まる全国6大都市ツアーの開催も発表されており、15周年イヤーは全国6大都市7公演に渡る全国ツアーから口火を切る。これまでの14年を追い風に、これからの新しい一歩を踏み出すためのツアーとなることは間違いないだろう。このツアーの最速チケット先行は4月よりFLOW OFFICIAL MEMBER「26ers」会員を対象に実施される予定。是非チェックしておこう。2017年に15周年を迎えるFLOWからまだまだ目が離せない!

DVD『FLOW THE LIVE 2016』トレイラー映像
https://youtu.be/14zlWyxvVcU

DVD『FLOW THE LIVE 2016』
2017年3月15日発売

【DVD】(2DVD)

¥3,926+税

<収録曲>

■Disc 1

FLOW LIVE TOUR 2016「#10」 Zepp Tokyo 2016.3.26

01.光追いかけて

02.蒼き惑星

03.DARK SHADOW

04.JOY TO THE WORLD

05.DECATHLON feat.AFRA  

06.Steppin’ out

07.Oblivion

08.魑魅魍魎 feat.疾風

09.World Symphony

10.Good Days ~君を忘れない~

・2016.10.28 「JAPAN MUSIC PARTY 2016 in Abu Dhabi」@アブダビ・du Forum, Yas Island

・2016.11.13 「JAPAN MUSIC PARTY 2016」@La Cigale (Paris,France)

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。