ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Android Wear 2.0とiPhoneの組み合わせで出来ること

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
2 月に登場した Android Wear 2.0 のスマートウォッチが iPhone でどの程度まで使用できるのかを LG Watch Stlye と iPhone 7 Plus の組み合わせで確かめてみました。iOS のサポートは機種によって異なりますが、LG Watch Style は iOS 9 以上を搭載した iPhone と互換性を持っています。iOS でサポートする機能が Android よりも少ないのは Android Wear 2.0 でも同じなのですが、Android Wear 2.0 では Google Play ストアからアプリを追加でき、スマートウォッチ上でアプリを実行できることから、iPhone とペアリングしている場合でも利用できるアプリは Android Wear 1.x から格段に増えたと言えます。LG Watch Style と iPhone の組み合わせで可能なことはスマートウォッチ単体で実行できる機能(本体の設定変更と、タイマーやストップウォッチ、カレンダー、Google Fit のトレーニング等のプリインストールアプリの実行)、通知の転送、Google アカウントのセットアップです。LG Watch Style のセットアップ方法は Android Wear 1.x 時代と変わず、iPhone で Bluetooth を有効にして「Android Wear」アプリを使ってペアリングします。Android Wear 2.0 では Google アカウントの追加をサポートしているので、セットアップ時(セットアップ後も可能)に Google アカウントをコピーする操作を行います。Google アカウントを追加すると、LG Watch Style の Google Play ストアや Google アプリを利用できますが、Google Play ストアを起動するには Wi-Fi 接続が必須となっており、iPhone 経由でダウンロードすることはできない模様です。Google アシスタントを利用した音声検索や通知の転送は iPhone 経由でも可能でした。この点が Android とペアリングした状態とは大きく異なると言えます。

■関連記事
SD Association、Micro SDカードの新クラス「Application Performance Class 2(A2)」を発表
HTC U Ultraの動画撮影モードでオーディオをサラウンドで録音できる「3D Audio」の使い方
Android版「ポケモンGo」がv0.57.4にアップデート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。