ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

演出家・宮本亜門が実践する“奉仕型リーダー”って?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

演出家・宮本亜門が実践する“奉仕型リーダー”って?
J-WAVEで放送中の番組「RAKUMACHI BIZ8」(ナビゲーター:青木裕子)。3月4日(土)のオンエアでは、演出家の宮本亜門さんをゲストにお迎えしました。

東洋人としてはじめて、ブロードウェイで演出を果たしている亜門さん。固定の劇団は持たず毎回違うメンバーで一つの作品を作り上げているそうです。さらに毎回、映像作家やアートディレクターなど、今まで舞台経験がない方との“化学反応”を生み出そうと画策しているとのこと。

演出家といえば、チームを統率するうえで欠かせないのが「リーダーシップ」ですよね。亜門さんは「引き出す力―奉仕型リーダーが才能を伸ばす」(NHK出版)という書籍を出版しています。

「上から『こうしろ!』というだけではその人は光らないんですよね。その人が『自分はこうなるんだ!』っていうのが分かったときに輝くので、そこをどう引き出すかです」(亜門さん)

従来の演出家のイメージといえば、怖くて絶対的な権力を持ったリーダーでしたが、亜門さんの場合は“奉仕型リーダー”というように、ほかのメンバーと対等な立場で演出を手掛けているそうです。

その理由について「海外で仕事すると、上下関係だけでは成り立たないんですよね。お互いをリスペクトしていなければならない」と亜門さん。

以前、ブロードウェイの舞台の初日に、「亜門さんはみんなの意見を聞いていない。全員の意見を聞いてください。全員で歩んでいくことが目的なんですから」と言われたそうです。それまで、演出家である自分の一存で決定して良いと思っていたことが間違っていたと気付き、今のようなスタイルに変わるきっかけになったそうです。

ちなみにそんな亜門さんでも、必要に応じて怒ることもあると言います。普段が穏やかな分、怒ると怖がられるそうですね…。

番組ではほかにも、稽古中だという最新作の裏話や、2020年の東京オリンピックの演出について…など気になる話題をたっぷりお届けしました!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「RAKUMACHI BIZ8」
放送日時:毎週土曜 20時−20時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/biz8/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。