体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【トイEXPO2012】最新作『バットマン ザ・ダークナイトライズ』に合わせて新製品が登場

生活・趣味
【トイEXPO2012】最新作『バットマン ザ・ダークナイトライズ』に合わせて新製品が登場

エポック社を中心におもちゃメーカー7社が集まった合同商談会『トイEXPO』が1月26日から27日まで開催されています。マテル・インターナショナルは、『バットマン』関連製品のブースを出展し、現在製作中の映画最新作『バットマン ザ・ダークナイトライズ』関連の新製品を展示しています。

2月発売の『RC 1966 バットモービル』

最初に紹介するのは『バットマン ザ・ダークナイトライズ』関連製品ではありませんが、60年代の『バットモービル』を再現した『RC 1966 バットモービル』。2月発売予定で、価格は7350円(税込み)です。「RC」の名のとおりラジコンカーで、子どもから当時を知るオールドファンまで幅広く楽しめます。

6月発売の『バットマン ザ・ダークナイトライズ』関連製品。モザイクつきで掲載の許可をいただきました

『バットマン ザ・ダークナイトライズ』関連製品は、残念ながら撮影NG。モザイクをかけて掲載する許諾はいただけました。新作に登場するニュービークルと、バイク型の『クイックテック バットポッド』を6月に発売します。ブースではそのギミックの数々を説明していただいたのですが、映画のネタバレになるためここでは書けません。ごめんなさい! ニュービークルは5775円(税込み)、『クイックテック バットポッド』は3885円(税込み)です。

クリストファー・ノーラン監督によるシリーズではシリーズ完結編となる『バットマン ザ・ダークナイトライズ(The Dark Knight Rises)』。米国ではことしの夏公開で、日本での公開は未定。おもちゃが6月発売ということは、その近辺で公開されることになるのでしょうか。邦題も「ダークナイトライズ」「ダークナイト ライジング」と複数の説があるので、実際どうなるのか気になるところです。

※すべての画像が表示されない方はガジェット通信をご覧ください

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会