ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

春デニムは、ライトブルーのカットオフ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

365日デニム派なら、気分でデニムを履き替えたい。

花が咲いたり、風が気持ちよかったり。とにかくさわやかな気持ちにさせてくれる春にはまるのは、ライトブルーのデニム。

そして、さらにリラックスした気持ちにさせてくれるのが、裾が切りっぱなしのカットオフデニム。2015年頃から本格的にトレンドインしましたが、その傾向はいまだ衰えず、です!

春はライトーブルーでカットオフのデニムが気分

東京女子の制服といってもいいくらいのデニム。春は、ライトブルーでカットオフが気分です。

Who What Wearさん(@whowhatwear)がシェアした投稿 – 2017 3月 3 8:34午前 PST

「あれ? 糸出てるよ」と言われても、気にしないで履いてOK。むしろ、そこがポイント! くらいの気持ちで。

Who What Wearさん(@whowhatwear)がシェアした投稿 – 2017 2月 15 3:44午後 PST

アレクサ・チャンのようにシンプルなVネックを合わせれば、カットオフもきれいめな印象になる。

Who What Wearさん(@whowhatwear)がシェアした投稿 – 2017 2月 16 7:39午後 PST

少し肌寒い日はショートブーツとカットオフデニム。ブーツとデニムの境目をラフにして、カットオフが見えるのがポイント。

Who What Wearさん(@whowhatwear)がシェアした投稿 – 2017 2月 17 11:22午前 PST

グッチのロゴTにジャケットとヒール。カットオフデニムで、きちんと感が一気に中和される。

vans girlsさん(@vansgirls)がシェアした投稿 – 2017 2月 3 12:37午後 PST

Vansのハイカットスニーカーとカットオフデニム。休日の公園でダラダラ過ごしたくなる足もと!

ひざ下がきれいに見える、スタニング ルアーのカットオフデニム

STUNNING LUREさん(@stunninglure)がシェアした投稿 – 2016 10月 11 4:07午前 PDT

東京にカットオフデニムのトレンドをリードしてくれているのが「STUNNING LURE(スタニング ルアー)」のヘリテージデニム。

股上は浅すぎずハイウエストすぎもしないちょうどよさや、とひざ下をきれいに見せてくれるデザイン、くるぶし丈の長さなど、買ったその日からすぐに履きたくなるデニムです。

デニムさえ決まってしまえば、ニットやTシャツ、タンクトップと気分によって合わせていけばいいだけ。自分がいちばんリラックスできるデニムとの出会いって、運命かも! って思えるくらい貴重です。

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

・365日デニム。この春はトップスもデニムも薄めワントーンが気分

・春へ一歩。ミントグリーンのトップスでさわやかさ香る

・素足。網タイツ。靴下チラ見せ。春は足もとから始める

■ あわせて読みたい

・リビング? 窓辺? 毎朝どこでメイクしてる?
・心軽くしたい。いま、断捨離した方がいいものって? #心理テストまとめ
・その動き、ルンバ的! ロボかわいい〜ってなるスーツケース
・一週間に何回洗濯してる?
・NIKEがプラスサイズスタート。もう体型にこだわらない
・胸下まであるブーツ。もう普通がない。ヴェトモンとマノロ・ブラニクがコラボ
・たかが乗り継ぎの空港でひとりになったくらいで、メソメソしている場合ではない。UNTITLED BY KIKUNO

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。