体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トヨタ タンクをクローズアップ!【後編】

▲昨年11月にデビューしたトヨタ タンク(現行型)。兄弟車のルーミーも含めると、新車ではかなり人気のようだ。本記事では、新車を検討するのはちょっと価格的に厳しいという人たちにオススメの中古車をご紹介しよう

▲昨年11月にデビューしたトヨタ タンク(現行型)。兄弟車のルーミーも含めると、新車ではかなり人気のようだ。本記事では、新車を検討するのはちょっと価格的に厳しいという人たちにオススメの中古車をご紹介しよう

軽ハイトワゴンとも迷うし、リッターカーにもライバルあり

タンク(兄弟車のルーミー、ダイハツ トール、スバル ジャスティも共通)には3気筒の1Lエンジンが搭載され、ターボ仕様とノンターボ仕様がある。ノンターボ仕様の場合、動力性能は軽自動車のターボ仕様と同程度。タンクと軽自動車の上級グレードは価格的にも重なるので、タンクの最大の競合車は、ダイハツ タントやホンダ N-BOXなどの軽ハイトワゴンとなる。軽自動車の方が税金や高速料金が安く、維持費の面では軽が有利。ただし軽は5人乗車できない。また高速道路での安定感も車幅の広いリッターカーの方が上。用途に応じて選ぶべし。

同クラスのガチンコライバルはなんといってもスズキ ソリオ。ソリオにはハイブリッド仕様があり、燃費はタンクを上回る(ただしハイブリッドの場合はFWDのみ)。一つ上のクラスで気になるのはトヨタ シエンタ、ホンダ フリード。このクラスでは、3列シート仕様も選べるようになる。

タンクを魅力的だと思った方へ、オススメの中古車はこちら

さて、ここまで人気のタンクをクローズアップしてきたが、ちょっと新車で買うには予算オーバー、なんて人もいるのでは? そんな方に、自動車ライター塩見智と編集部員がオススメの中古車をセレクト。お得に手に入るこんなモデルはいかがだろうか。(※中古車価格帯、モデル流通量はともに2月21日時点のカーセンサーを参照)

ルノー カングー(初代)

▲そのおしゃれさなどから日本でも人気のあるルノー カングー(初代)。初代はサイズも扱いやすい

▲そのおしゃれさなどから日本でも人気のあるルノー カングー(初代)。初代はサイズも扱いやすい

2002~2009年に販売されていた初代ルノー カングーは、フランス車が昔から得意とする貨客兼用車で、日本でもヒットしたロングセラーだ。コンパクトな5ナンバーサイズながら、タンク同様、背の高さで空間を稼ぐやり方で、広い車内空間が確保されている。よく売れた車なので中古車の選択肢も幅広い。現行型カングーも人気だが、中古でもまだやや高価で、サイズが大きくなって使う人を選ぶ車になった。(塩見)

【中古車価格帯】30万~180万円

【モデル流通量】約100台

ダイハツ ウェイク(現行型)

▲2014年11月デビューのダイハツ ウェイク(現行型)。軽自動車だが、全高が高く室内は広々としている

▲2014年11月デビューのダイハツ ウェイク(現行型)。軽自動車だが、全高が高く室内は広々としている

前述したとおり、乗車定員が4人でもかまわないなら軽自動車のハイトワゴンはタンクの競合車として有力な選択肢となる。ダイハツ ウェイクは全高が1835㎜もあって、とにかく広い。室内高は1455㎜で、タンクの1355㎜を大きく上回る。ただし、乗ってみるとわかるが、室内空間のうち乗員よりも上の部分を活用する方法は限られる。自分の用途でここまでの全高および室内高が必要かどうか、購入前に確認するべきだ。(塩見)

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。