体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

上の子と泣く泣く離れて臨んだ2人目出産。ところが安産から一転、死の淵へ…?!

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

私は晩婚、高齢出産でした。

36歳で結婚し、39歳の時と43歳の時に体外受精で授かり出産しました。

一人目の時は、28週で切迫早産になり入院したので、二人目の時も入院を覚悟していました。

でも、いざ27週で先生に「入院」と言われると上の子の事が頭をよぎり、「解りました」とすぐには言えませんでした。

「子どもを授かった経緯を考えると、大事にして入院した方がいいですよ」

内診を終えた先生がカーテン越しにそう言いました。

「でも上の子がいるので、家に帰りたいです」

何度かの押し問答の末、安静を条件に帰る事になりました。

私の家庭は、自営業で主人は忙しく殆ど家にいません。月に何度か泊まりで家を開ける時もあり、休みも殆どありません。

常に私と子どもの二人だけの生活なので、余計に子どもと離れるのが、不安でした。

「子ども見てくれる人いないの?」

待合室で待っていると、会計表を持ってきた看護師さんが隣に座りながら言います。

「主人の母が見てくれると思います。ただ、私が子どもと離れたくないんです。」

「通常はね、子宮頸管が2.5センチをきると入院なんだ。あなたの場合、2.2センチなの。」

そんなに短いんだ…と思いました。

「今は目の前にいる上の子が可愛いけど、二人目も産まれたら絶対に可愛いから!今、入院しないと後悔すると思うよ」

看護師さんのこの言葉で、気持ちが180度変わりました。頭では解っていても、目の前にいる子どもの事を優先に思い、涙が次から次へとこぼれ落ちます。

そして、次の日に入院する事にしました。

60日間の入院は、2回目ということもあり特に不安もなく過ぎてゆき、36週で無事退院する事ができました。

次の日は日曜日です。

主人は仕事ですが、用事を済ませる間付き合ってもらい、快気祝いの手続きをしに普段はあまり行かない少しだけ高級なスーパーへ行きました。

そこで偶然、実家の父と会いました。

その後、選挙の期日前投票に行くと、今度は偶然、実家の母に会いました。

同じ日に違う場所で父母に出会うという、滅多にない偶然に何かあるのかな?とふと思いました。

その週の金曜日は、子どもの幼稚園でプール実習の日です。

この夏は一度も見学に行っていないので、見学へ行くことにしました。

以前サークルで仲良くしていたママ友何人かと、リトミックで一緒のママ友、同じ幼稚園のママ友にも会いました。久しぶりに皆に会えて嬉しかったです。

午後一番で子どもが帰ってくるとお昼寝です。

一緒に横になって少し眠ると、なんとなく違和感がありました。

尿もれ?おりもの?

トイレに行って確認しても、特に変わった様子ではありません。

気のせい?なんだろう?

もしかして破水?

子どもはまだ夢の中です。

隣に横になると、なんとなく液体が出てくる感じがします。

やはり破水?

急いで病院に電話をして、破水なのか何か解らない事を伝えました。

病院へ来て下さい。との事なのでまず子どもを見てくれる人を確保しなくてはなりません。

主人に電話をします。

でません。

何度か電話をします。

それでもでません。

実家の母に電話をしました。母は農家なので、7月の夕方前はまだ外で仕事をしています。

それでも来てくれると言ってくれたので、子どもは家で見てもらい私は病院へ行くのにタクシーを呼びました。

母は30分位で来てくれるはずです。

入院の用意をしていると、動いているうちに完全に破水と解るほど、尿でもなくおりものでもない液体がでてきました。

あれこれ用意して、また主人に電話しても繋がらず、少しずつパニックになっていきます。

最初、なんとなくだった破水もナプキンいっぱいほど出てきました。

そして母もなかなか来てくれません。

タクシーがきて、外で待っていてくれてます。

1 2 3次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。