体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デパ地下で売っているあのサラダ、ここまで簡単にできるとは

デパ地下で売っているあのサラダ、ここまで簡単にできるとは f:id:Meshi2_IB:20170228100046j:plain

デパ地下のサラダ専門店やお総菜屋さんで売られている海老とブロッコリーのタルタルサラダ。赤、黄、緑と彩りがよくボリュームもあるので、人が集まったときの1皿としてとても食卓映えします。

しかも冷菜なので、おしゃべりしながらのんびり食べても「冷めておいしくない」がないのがサラダのいいところ。葉野菜を使わないので、時間経過とともにしんなりしてビジュアルが残念なことにもなりません。

今回のサラダシリーズでは「友人宅に持参したら喜ばれる」「女子からのポイントがアップする」料理であるこのサラダをご紹介します。ちなみにこれは今まで何度も作っていますが、テーブルが華やかになるし、味も万人受けしてものすごく好評です!

材料(3~4人前) ブロッコリー 1房
玉ねぎ 1/2個
卵 3個
海老 予算とお好みに応じてご自由に。冷凍海老でもボイル海老でもOK、ただし大ぶりのものがおすすめ

こんな感じですね。

f:id:uralatokyo:20170220191049j:plain

海老は小さなサイズだとブロッコリーとのバランスが悪くなり、タルタルソースにも負けて、存在感が薄まってしまいます。スーパーなどの鮮魚コーナーにあるボイル海老はリーズナブル、かつそこそこしっかりしたサイズなのでおすすめ。

f:id:uralatokyo:20170220191105j:plain

ちなみに今回はそのボイル海老を使っています。冷凍海老や生の海老の場合は、小さじ1程度の塩を加えてゆでてください。

では作っていきましょう。

f:id:uralatokyo:20170220191124j:plain

ブロッコリーは一口サイズに切って、小さじ1の塩(材料外)を加えてゆでます。茎がたっぷり残っている場合は、周囲の皮を厚めにむいてからこちらも一口サイズに切って食べましょう。

水が沸騰したらまず茎の固い部分を投入、10数えたら上のモコモコ部分も投入、いったん冷めたお湯が再沸騰したら、そこからもう一度10数えてすぐに水切りします。ゆですぎ注意! このサラダは、ブロッコリーの食感がしゃっきり残っているほうが断然おいしいです。

f:id:Meshi2_IB:20170228100821j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。