体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サバイバルアクションRPG『The Wild Eight』極寒のアラスカを生き延びる攻略法とは?

寒さも和らぎ、春の足音が聞こえるこの頃。そろそろ暖房器具を押入れに直して、春物の服を押入れから出そう……という方も多いことだろう。だが今回はそんな季節に逆らって、寒さに身を凍らせるゲームを紹介しよう。

image08
 
今回紹介する『The Wild Eight』は極寒の雪山で生き残るサバイバルアクションRPGだ。本作はクラウドファンディングで資金調達された作品で、2016年4月から5月にかけてKickstarterにて出資者を募っていた。

クラウドファンディング時点でプレアルファ版を体験版として公開し注目を集めたのが功を奏し、2か月で5万9千ドル(約670万円)を集め無事成功。およそ半年強の開発を経て、2017年2月9日に発売された。クラウドファンディングの際に計画されていた多言語対応も現時点でなされており、日本語も実装されている。若干誤訳はあるものの、クオリティの高いローカライズがなされており、違和感なく遊ぶことができる。

『The Wild Eight』はインディディベロッパー「Fntastic」が開発する作品だが、同社の前身は「Eight points」という小さなグループだ。本作の開発を開始した「Eight points」は、当時ロシアのヤクーツクに拠点を置いていた。ヤクーツクは世界で最も寒い地域と言われるサハ共和国に位置する。その寒さは凄まじく寒い時期は平均最低気温が-40度近くなるそうだ。実際に極寒の地で暮らしていた開発者たちが極寒サバイバルゲームを作っているというのもこのゲームの面白いところだろう。

さてそんな『The Wild Eight』はSteamにて1980円で販売されている。が、本作はSteamの早期アクセス制度を用いて販売されている作品である。つい先日早期アクセスを開始したばかりの本作は、現在ハイペースで更新がなされている最中だ。実際バグに出くわすことも多いため、購入する際はその点を留意しよう。

また、本記事の内容も更新とともに古くなる可能性もある。ご注意いただきたい。

資源は限られている。生き残るため、山を行け!

image11
 
舞台はアラスカ。その上空を飛ぶ旅客機が原因不明の事故により墜落してしまう。不運にもこの旅客機に搭乗し、墜落から生き残った生存者たちが、我々プレイヤーの操るキャラクターだ。

image13
 
『The Wild Eight』というタイトル通り、生存者は8人おり、そのうち1人を選んで操作する。このゲームは最大8人までのCo-opプレイに対応しており、各プレイヤーはこの8人から生存者を1人ずつ選び、サバイバルに挑む。

生存者はそれぞれに「移動速度が速い」、「制作した道具の持ちがよくなる」、「寒さに人一倍強い」、といった得意分野があり、協力することでより確実に極寒のアラスカを生き抜くことができる。もちろん、同じ生存者を別々のプレイヤーが選ぶことはできないため、操作キャラクターを選ぶ時点である程度の役割分担がなされる。厳しい環境を生き残るためには自分の特性を知っておくことが大事だ。

極寒のアラスカに、着の身着のままで放り出された生存者は、1日ぎりぎりもつだけの食料だけしか持っていない。複数人でプレイしても、事故現場に落ちている食料の数は変わらない。その場合は残念ながら、半日も持たないだろう。あとは自分でかき集めるしかない。幸いにも墜落したのは山中、木や石は豊富にある。これらを材料に道具を作り、生き残る手段を整えるのだ。

image00
 
このゲームの大きな特徴はこういった資源や、アイテムの配置が完全に固定されており、ランダムではないということだろう。多くのサバイバルゲームはリプレイ性の確保や、ゲームの難度を上げるため資源やアイテムがランダムに配置される仕様となっている。が、このゲームはその真逆である。こう書くとなんだか簡単そうに見えるが、実はそうでもない。

1 2 3 4次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会