ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

2017年夏にドバイで「空飛ぶドローンタクシー」が運行開始

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
2017年夏にドバイで「空飛ぶドローンタクシー」が運行開始

これまで、ドローンタクシーに関しては、何度か発表があったし、話題も集めてきた。でも、僕は心のどこかで、この夢のような話が実現するのは、数十年後の未来だろう…そんな希望的観測でしかなかった。ところが、その考えは一蹴された。2017年の夏、ドバイでドローンタクシーが運行開始する予定だという。

僕たちの交通手段が大きく変わるかもしれない──。

時速100キロ、飛行時間23分
をどう考えるか?

2017年夏にドバイで「空飛ぶドローンタクシー」が運行開始2017年夏にドバイで「空飛ぶドローンタクシー」が運行開始

飛行実証実験がはじまっているのは、1人乗りの無人ドローンタクシー『EHang(イーハン)184』。乗車席にあるタッチパネルのディスプレーをタッチするだけで、自動操縦で目的地まで飛んでくれるのだとか。

コンセプトムービーでは、重量制限は100kgであり、時速は100km、最大飛行時間は23分、そして高度に関しては500mまで上昇できると紹介されている。

でも、飛行時間が23分ていうことは、例え、時速100kmでも約38kmまでしか行けないのだ。それじゃ、東京から箱根にも行けない。行けて木更津あたりまでだ。ちなみに東京箱根間は直線距離で75km、東京木更津間は36km。で、もし木更津まで行けても、バッテリーをチャージする装置はあるのだろうか。もし、ないならば片道12.5分の飛行時間として、時速100kmで12.5分なら19km。例えば、東京から飛行可能なエリアなのは、16km先の川崎や14kmの浦安あたりまで…とか様々な計算をしてしまった。うーん。でも、よく考えたら、そこらへんまで行けるのなら充分なんじゃないかな。2017年夏にドバイで「空飛ぶドローンタクシー」が運行開始2017年夏にドバイで「空飛ぶドローンタクシー」が運行開始2017年夏にドバイで「空飛ぶドローンタクシー」が運行開始

このドローンタクシーを高く評価しているのは、ドバイ運輸局の責任者であるMattar Al Tayer氏。

我々は、ドバイ民間航空局の協力を得て、ドバイ上空でテスト飛行をした。課題である砂漠や沿岸地域での飛行も含めて完了した」とのコメントを発表している。

A:「来週なんだけどギリギリになりそうなの。渋滞してたら間に合わないわ」

B:「じゃあ、空飛ぶタクシーで来れば?」

そんなコミュニケーションが現実となるのは、もう、間もなくかもしれない。Licensed material used with permission by EHang, Inc.

関連記事リンク(外部サイト)

【この発想はなかった・・・】ビル火災に駆けつける「空飛ぶ消防士」
2017年のはじめに、まずやっておきたい10のこと
あなたは、「空を飛ぶ夢」をみたことがありますか?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。