ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ラップ対決! DOTAMAが勝負でポイントとする部分

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ラップ対決! DOTAMAが勝負でポイントとする部分
J-WAVEで放送中の番組「WORD FREAK」(ナビゲーター:ACE・DOTAMA)。ラジオで即興ラップの対決“フリースタイルバトル”を行うこの番組。3月3日(金)のオンエアでは、前週のバトルで勝利して誕生した、新チャンピオン「Amateras」さんによるはじめての防衛戦をお届けしました!

Amaterasさんは、イタリア生まれ、東京の白金育ち。幼稚舎から大学まで慶應義塾に通うという異色の経歴を持つ高学歴ラッパー。一言を求められ「頑張ります」と、簡潔ながらも力強いコメント。

対する挑戦者は「SAINEST」さん。現在は埼玉県越谷市在住ですが、活動拠点は東京だそう。数々のMCバトルに出場中で「SHOUT OUT JAPAN RECORDINGS」を名乗っているのだとか!

先攻SAINESTさん、後攻Amaterasさんで行われたラップバトル。終了後に、DOTAMAは「スタイルウォーズ(お互いのラップスタイルが違う対決)の見本のようなバトルでしたね」とコメントしながら「SAINESTさんすごいな…」と感心していました。

さあ、判定の結果…勝者は、Amaterasさん!!

DOTAMAは、先攻のSAINESTさんの、熱量が多く、短い韻を多く踏んでいたことを評価しつつも「そこを冷静にAmaterasくんが聴いてて。『お前は騒々しいクラブに行け。俺はワイン片手に』って、Amaterasくんのバックボーンである、お金持ちな生活体系からくる返しをして、それがビジュアルでパッて浮かんでくるんですよね」と、Amaterasさんの冷静なアンサーが上回っていたことを解説。

一方のSAINESTさんですが、Amaterasさんの「お金持ちキャラ」にはまったく触れず、DOTAMAは「相手のキャラをいじるっていうのは常套手段だから、やられてる側は『またかよ』って感じがするけど、それは代表的なポイントだから、3ターン目(最後のターン)でもいいから触れてほしかった」とAmaterasさんを選んだ理由を挙げていました。

また、ACEは「僕の中ではすごく接戦でした」としながら、SAINESTさんが短い言葉で多く韻を踏んでいたことを評価。「裏での高等技術のやり合いがすごい楽しかったです」と結んでいました。

ということで、2週勝ち抜きを果たしたAmaterasさん。次回も登場しバトルに挑みます。お楽しみに!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「WORD FREAK」
放送日時:毎週金曜 25時−25時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc1/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。