ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「毛の分け目」が、11時20分をお知らせします

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「毛の分け目」が、11時20分をお知らせします

とんでもない掛け時計がフランスで誕生しました。毛というか、繊維の分け目であなたに時刻を知らせてくれます。実際にどのように動いて時を刻むのかは、最後の動画で確認を。それまでちょっとだけお付き合いください。

ちょっとホラーな「毛時計」

「毛の分け目」が、11時20分をお知らせします

フランス生まれのBINA BAITEL氏がデザインした「LASH CLOCK」。針や数字の代わりに配されているのは「毛」。分け目が微妙に広いところが2箇所ありますよね?ここで時刻を表現しているのです。

えっ、正確な時間が知りたい?それはもうスマホでお願いします。

こんな感じ。

「毛の分け目」が、11時20分をお知らせします

それぞれ、左上から時計まわりに、3時、10時10分、21時30分、8時15分。

AM/PMの判断?窓の外の雰囲気でよろしく。「毛の分け目」が、11時20分をお知らせします どうやら、金髪バージョンもあり。「毛の分け目」が、11時20分をお知らせします

明るいときは大丈夫だけど、夜中に目が覚めて見てしまったらちょっとホラーな気も。

それにしても、時計にもかかわらずアバウトな時刻しか知れないのは、かえって潔くて気持ちいい。時間にキチキチと縛られないでほしいというデザイナーからのメッセージなのかもしれません。

では、気になる“毛の動き”を動画でどうぞ。あれ、なんだかちょっとだけ癒される?Licensed material used with permission by BINA BAITEL STUDIO

関連記事リンク(外部サイト)

もう、絶対に予定をすっぽかさなくなる「時計」
信じられないかもしれませんが、これは「時計」なんです。(動画あり)
「インテリアショップ」が本気でリノベーションを始めると、部屋はこうなる

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。