体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

20代のうちに訪れてほしい、世界の穴場スポット50

20代のうちに訪れてほしい、世界の穴場スポット50

海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅行プランを立てて、誰もがうらやむ最高の旅をしてみたくありませんか?

ここで紹介するのは「Elite Daily」のライターJohn Haltiwangerさんがまとめた「20代で行くべき50の穴場スポット」。観光客で賑わう街とは、またひと味違う楽しさが発見できるかもしれません。20代のうちに訪れてほしい、世界の穴場スポット50

パリ、ローマ、バンコク、リオデジャネイロ、エルサレム、東京、ニューヨーク、ブエノスアイレス、北京、ストックホルムなど、私たちの誰もがいつかは訪れたいと夢見る場所があります。これらは国際化社会の躍動的な基礎を築いた、歴史と文化で溢れる素晴らしい都市。

でも旅行通は「こういう場所は観光客が殺到するから旅を満喫できない」と言うでしょう。でも、彼らは「旅行できること自体の幸せ」を見失っているのかもしれません。

どんなに混んでいようとも、システィーナ礼拝堂の天井画を見つめたり、初めてNYの地下鉄から降りたり、エッフェル塔の上からパリの街を見下ろすことに匹敵するほどの体験はありません。

実際のところ、観光客がまったくいない場所に行くことは、ほぼ不可能です。なぜなら、かつては遠隔地と思われていた場所でも、現代では、飛行機、車、列車を使って向かうことができるから。そして、世界の隠れた秘境は旅行者たちのホットスポットになりつつあるので、いち早く行くことが重要になってきます。

もし、観光客の少ない場所へ訪れるのであれば、20代のうちがベスト。年齢を重ねるほど、ガイド付きツアーの快適さや利便性を強く感じるようになってしまうので、エネルギーのある今こそ、世界を冒険してみてください。世界最高の観光地が逃げることはありません。あなたは「いつでも」そこに行けます。だから「今だけ」旅できる場所へ。

01.
スカイ島
(スコットランド)

20代のうちに訪れてほしい、世界の穴場スポット50

スカイ島は、スコットランド西岸に位置する、無類の美しさを誇る島。ポートリーのカラフルな町を訪れて、フィッシュ&チップスを食べながら本場のおいしいウイスキーを飲んだり、ダンヴェガン城を探索してみては?

02.
ニューオリンズ
(アメリカ/ルイジアナ州)

ニューオリンズは単なる都市ではなく、「生き方」そのもの。ヨーロッパ、カリブ、アフリカの影響を受けた文化は極めてダイナミックで、料理、音楽、建築、そして人々、すべてに独特の個性があります。

03.
沖縄
(日本)

沖縄は日本の本土から約644㎞離れた、豊かな歴史を持つ島。亜熱帯性の気候なので、シュノーケリングやビーチを楽しむには理想的。自然と歴史を愛する人には絶好のスポットです。

04.
キラーニー
(アイルランド)

キラーニーはアイルランド南西にある、古風ながらもエネルギッシュな町。キラーニー国立公園のすぐ隣に位置しているので、散歩にも最適。アイルランドのウイスキーや、自然、歴史、それから本物のアイリッシュ文化が好きなら訪れるべき。

05.
モントリオール
(カナダ)

20代のうちに訪れてほしい、世界の穴場スポット50
1 2 3 4次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。