ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

インドでは、飛ばない「飛行機レストラン」が空席待ちの人気ぶり

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
インドでは、飛ばない「飛行機レストラン」が空席待ちの人気ぶり

インド北部の町ルディヤーナーに行くことがあれば、たとえあなたが大の肉好きだろうと、ぜひ座席数72シートのベジタリアンレストラン「HAWAI ADDA」に、一度は搭乗してみてほしい。食事をしに「搭乗」するというヘンテコ体験、オモシロさはこの1点のみのような気がするけどね。インドでは、飛ばない「飛行機レストラン」が空席待ちの人気ぶり

インド人起業家が始めたこのレストラン、「何か他と違ったことがしたい」と、現役を退いたエアバスA320の機体を買い取り、その機内を丸ごとレストランにしてしまったのがHAWAI ADDAというわけだ。

シートベルト不要の客室
もはや旅客機の面影ゼロ

インドでは、飛ばない「飛行機レストラン」が空席待ちの人気ぶりインドでは、飛ばない「飛行機レストラン」が空席待ちの人気ぶり

エアバスA320といえば、近・中距離向運航の旅客機として、今も第一線で活躍している。外観はそのままに、シートからトイレ、ギャレイをすべて取っぱらい、テーブルやソファなどの調度品でととのえている。左右の小窓から天井にかけての独特の楕円形を除けば、もはや面影はゼロに等しい。

ファブリックの絨毯から木材のフローリングに変わっただけで、こんなに旅客機にラグジュアリー感が増すとは思わなかった。

ところでこの町中に突如現れた旅客機レストラン、開業までにも結構スッタモンダがあったようだ。「Indian Express」によれば、火災安全基準に店舗(実際には旅客機だが)が満たないだとか、翼の一部が国道に出てしまっていて、交通事故の可能性を懸念されたり。こうして、遅れに遅れた開業がようやく2016年末。 

Hawai Addaさん(@hawaiaddaldh)がシェアした投稿 – 2017 2月 23 4:23午前 PST

Hawai Addaさん(@hawaiaddaldh)がシェアした投稿 – 2017 3月 1 2:06午前 PST

インドでは、飛ばない「飛行機レストラン」が空席待ちの人気ぶり

ポップやDM類にも、ちょいちょい飛行機のイラストが搭乗。これが結構、らしくてカワイイ。

さて、HAWAI ADDAにはベジタリアンレストランのほか、カフェ、ベーカリー、さらには最大40人を収容可能なキティホールも。ただしこれらはすべて旅客機胴体の下。

アイデアはあの「豪華列車」から

立案者のParampreet Singh Luthraは、2012年から4年連続で「世界一贅沢な列車」に選ばれた、インドの超豪華列車マハラジャエクスプレスからインスピレーションを得て、あれを旅客機でマネしようと試みたそう。

はたして、ファーストクラス並みのホスピタリティが受けられるのか否かは、陸のエアバス・レストランへと搭乗してみないことには分からない。試しに…という人がいれば、ぜひ詳細を教えてほしい。

ちなみに、週末夜の雰囲気はこんな感じらしい。搭乗しなくても、パーティー気分は十分敷地内で味わえるみたいだけど。Reference:The Indian ExpressLicensed material used with permission by HAWAI ADDA

関連記事リンク(外部サイト)

インドで発見された!レストランの脅威の「流れ作業」に衝撃
ただいま3万人待ち!「裸で食事をするレストラン」がロンドンにオープン
迷惑どころか「賞賛の嵐」。レストランが店先に冷蔵庫を設置した、ただひとつの理由

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。