体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

デキるリーダーはなぜ「悪い報告」を歓迎するのか

『仕事が「速いリーダー」と「遅いリーダー」の習慣』(明日香出版社)の著者である石川和男さん。石川さんは、建設会社総務部長・大学講師・専門学校講師・セミナー講師・税理士と、5つの仕事を掛け持ちするスーパーサラリーマンです。そんな石川さんに「仕事が速いリーダー・仕事が遅いリーダーの特徴」について伺うこのコーナー。第6回目の今回は「悪い報告の上手な受け方と対処法」についてです。

f:id:asukodaiary:20170301153925j:plain

「ミスしたけど怒られたくない」

「失敗で評価を下げたくない」

「上司が怖い…」

という気持ちから、小さなミスは報告しなかったり、悪い報告は後回しになったりしがちです。

しかしどんな小さなミスでも、時間が経つほどに状況は悪化し、重大な事故につながることも。それを防ぐために、日頃から「悪い報告をいち早くしてもらえる」チームの形成がリーダーの重大任務なのです。

なぜ「悪い報告ほど速く」すべきなのか?

「ハインリッヒの法則」をご存知でしょうか?

f:id:asukodaiary:20170301151807g:plain

1件の重大事故の背後には29件の軽い事故があり、その背景には実に300件の小さな異常が存在するという考え方です。労働災害における経験則で「1:29:300の法則」「ヒヤリ・ハットの法則」とも言われています。

大きな火災も、元はと言えばタバコなど小さな火種。火種が小さいうちに消火せず放置していると、大きな火災になり、自分の家だけでなく近所も巻き込んでしまうかもしれなません。

この300のヒヤリとする事象や異常(小さなミス)、29の軽い事故は「プロセス」に潜んでいます。プロセスを無視して結果だけ見ていると、カーテンが燃え始めていることに気付かず、家が燃えるほどの重大事故になって初めて「なぜこんな火事になったんだ!」と驚いてしまうのです。

「勝ちに不思議な勝ちあり 負けに不思議な負けなし」

という江戸時代後期の平戸藩主、松浦静山の言葉があります。

プロ野球解説者でヤクルトスワローズをはじめ多くのチームで監督を務めた野村克也氏の言葉だと思っている人も多いようです。それだけ氏が監督時代に好んで使った言葉なので、印象に残っている人が多いのでしょう。

「勝ちに不思議な勝ちあり」というように、結果が出たとしても運よく偶然などの要素が含まれている場合があります。

プロセスを無視した結果オーライは、次につながるとは限りません。仕事は1回きりではなく継続的なものですから、結果のみで評価することは危険です。

その結果が必然なのか、それとも偶然なのかを、よく見極める必要があります。

日頃から注意・点検していて火事にならなかったのか、今まで偶然火事にならなかっただけか。同じ結果でも、今後火事になってしまう可能性が高いのは、もちろん後者「偶然火事にならなかった」方です。

「結果重視」の落とし穴 ― プロセスも評価しよう

f:id:asukodaiary:20170304105052j:plain

結果が出た仕事でも、たまたま上手くいった、他のやり方のほうがよかった、あるいは速かったというケースも少なくありません。仕事を結果だけで評価してしまうと、工夫や改善点を見ることができなくなります。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。