体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

欲しいかも : AndroidとLinuxのデュアルブートに対応した5.7インチAndroid PDA「Gemini PDA」が発表

英国のスタートアップ Planet Computers が Android と Linux のデュアルブートをサポートしたクラムシェル型スマートフォン「Gemini PDA」を発表しました。Gemini PDA は、5.7 インチのタッチスクリーンと QWERTY 配列の物理キーボードを搭載したポケットコンピューター型スマートフォンです。分かりやすい例だと、KDDI が初めて発売した Android スマートフォン「IS01」の現代版とも言える製品ですが、解像度が QHD(2,880 x 1,440 ピクセル)に向上し、プロセッサは MediaTek の 10 コアを採用したほか、4GB RAM、64G の内蔵ストレージ、ステレオスピーカー、2 つの USB Type-C コネクタを搭載するなど、現代のスマートフォンに匹敵するスペックに仕上がっています。ほかにも、GPS や NFC、Micro SD カードスロット、マイク入力、8,000mAh バッテリーを搭載するなど、Android スマートフォンで必要とされる機能をほぼ完備しています。Gemini PDA には Wi-Fi モデル($299)と LTE モデル($349)が用意されており、IndieGoGo でのクラウドファンディングを通じて販売されています。発送時期は 2017 年 11 月以降です。Source : IndieGoGo

■関連記事
Android版「Firefox 52」が正式リリース、バックグラウンド再生の機能改善、アプリ容量削減
Xiaomiの次期フラッグシップ Mi 6は4月中旬に発表か?
Google Playストアの一部のAndroidアプリがWindowsを標的にしたマルウェアに感染していたことが発覚

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。