ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Google Playストアの一部のAndroidアプリがWindowsを標的にしたマルウェアに感染していたことが発覚

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

最近、Google Play ストアで発見され削除された 132 種類ものマルウェア感染アプリについて、感染の原因が開発環境として使用された Windows PC のマルウェア感染によるものだったという調査結果が公開されました。これらのマルウェア感染アプリで共通していることは WebView を用いてアプリに WEB ページを表示する機能を備えることです。WebView で読み込まれたページには、悪質なサイトへのリンクを張った IFrame タグが仕込まれていたというのです。Palo Alto Networks の調査によると、これらの IFrame タグが仕込まれたのは Windows を標的にしたマルウェアへの感染によって生じたことで、幸いにも Android への影響はありませんが、アプリ開発者に対して開発環境に使用する PC のセキュリティ対策を万全にすることが求められています。Source : Palo Alto Networks

■関連記事
Galaxy S8+、GeekBenchでPixel XLよりもはるかに高いテスト結果を残す
Motorolaに復活の兆し、LenovoはスマートフォンのブランドをMotorolaに統一する意向
Moto Z用キーボードMods「Physical Keyboard Mod For Moto Z」のIndieGoGoキャンペーンをスタート

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。