ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ソニーモバイルによる革命的新製品!壁やテーブルをタッチスクリーンに変えるプロジェクター「Xperia Touch」がデビュー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
xperia_new_1壁や机が、タッチスクリーンになる!

ソニーモバイルが開発したのは、投影した画面をスマホのようにタッチ操作できる次世代型Androidプロジェクター「Xperia Touch」。バルセロナで開催中のMWC(Mobile World Congress)2017の会場にて、記者会見を開いての発表となった。

・投影した画面をタッチして操作

xperia_2Xperiaと言えば、スマートフォンでおなじみのブランド。本プロダクトは、同じ名前を冠した“Xperiaスマートプロダクト”における、第2弾製品となる。

本体には、23~80インチ画面を投影できる超短焦点プロジェクターと、タッチ認識のための赤外線センサーを実装。壁、テーブルといった任意の場所に、アプリやゲーム画面を投影すれば、自由にタッチして操作できるようになっている。

・ゲームから動画の鑑賞まで幅広く対応

xperia_3投影表示には、ソニーのSXRDを採用。映画フィルムのようになめらかで、精度の高い画質を実現し、映し出す場所の明暗を選ばない。

本体にはまた、Android OSを搭載。Google Playのストアにも対応しているため、アプリはもちろん、動画の鑑賞にも利用可能だ。PlayStation 4のゲームを、画面投影して楽しむこともできるという。

市場導入は、今年の春以降。価格や日本国内での販売に関しては、未定だそう。早く本物を拝みたいものだ。

Xperia Touch/ソニーモバイル

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。