体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

10年落ちだといってナシにするのはもったいない! 今でもイケてるクルマたち

▲2007年にヒットしたギャグといえば小島よしおの「そんなの関係ねぇ」やIKKOの「どんだけぇ」だった(photo/PIXTA)

▲2007年にヒットしたギャグといえば小島よしおの「そんなの関係ねぇ」やIKKOの「どんだけぇ」だった(photo/PIXTA)

ジャネーの法則が当てはまるあなたは、10年落ち中古車を検討してみては

突然だが、「ジャネーの法則」という言葉をご存じだろか。「そりゃ、なんじゃねー」なんていうオヤジギャグを飛ばしたアラフォーのあなた。「ジャネーの法則」は、そんなおっさんにこそ知っておいてほしい法則だ。

19世紀のフランスの哲学者・ポール・ジャネが発案し、甥の心理学者・ピエール・ジャネの著書において紹介された法則で、「主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象」を心理学的に説明したものである。簡単に言えば、年をとれば1年が短くなるあの現象のことだ。確かに、40オーバーの筆者も、最近はこの法則が顕著。10年なんてつい最近という心持ちだ。

10年前といえば2007年。ちょっと世相を振り返ってみると、東京マラソンや郵政民営化はこの年から。政治では東国原英夫氏が宮崎県知事に当選し、政権は第1次安倍内閣から福田康夫内閣に。芸能界では藤原紀香と陣内智則が結婚や沢尻エリカの「別に……」が話題に。ドラマでは『ガリレオ』や『花より団子2リターンズ』、『ホタルノヒカリ』などが、曲では嵐の『Love so sweet』や秋川雅史の『千の風になって』などがヒットした。ヒット商品では『ビリーズブートキャンプ』や『∞プチプチ』、アメリカで『iPhone(初代)』が登場したのも2007年だ。

アラフォー世代が振り返ると、ついこないだじゃん、と言いたくなる出来事ばかり。もしかすると、2007年デビューの車を今中古車で探しても、さほど古い印象を持たないんじゃないか? そこで、2007年デビューの車を探してみたところ、いまでもオススメしたくなる名車が数多く存在していた。

10年前から外観に大きな変化がないGT-Rなど、スポーツカーのオススメ10年落ちは?

筆頭格は、なんといっても日産『GT-R』だろう。エクステリアはデビュー当時からキープコンセプトで、最新モデルに比べても古くささはみじんも感じない。エンジンはV型6気筒ガソリンエンジン「VR38DETT型」。これは、初代R35型GT-R専用に新設計されたエンジンで、現行モデルの心臓部もこのエンジンをブラッシュアップしたものだ。

▲2007年式の『GT-R』で検索したところ、支払総額544.4万円の物件を発見。走行距離は2.7万kmだった(2月14日現在・以下同)

▲2007年式の『GT-R』で検索したところ、支払総額544.4万円の物件を発見。走行距離は2.7万kmだった(2月14日現在・以下同)

同じくスポーツカーでは、スバル『インプレッサWRX STI』と三菱『ランサーエボリューションX』のラリーカー2大巨頭も2007年デビュー。『インプレッサWRX STI』は2014年8月まで販売されていたので、いまでも現役感バリバリ。

『ランサーエボリューションX』は、2015年に限定販売された特別仕様車『ランサーエボリューション ファイナルエディション』が完売しニュースになったので、記憶に新しい人も多いだろう。いずれも、走りにこだわるユーザーには高い人気を誇る車種だ。

▲2007年式の『インプレッサWRX STI』を検索したところ、49台の在庫を発見。支払総額は250万円前後が多かった。走行距離が10万km程度だと、150万円前後の物件も存在

▲2007年式の『インプレッサWRX STI』を検索したところ、49台の在庫を発見。支払総額は250万円前後が多かった。走行距離が10万km程度だと、150万円前後の物件も存在

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会