体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

キーボード操作非推奨の90年代風ドット絵アクションSTG『Bot Vice』。絶対に息をついてはならない銃撃戦がそこにはある。

スーパーファミコン世代で、16ビット風のドット絵を目にすると、心がときめいてしまう事はないだろうか。今回紹介するのは、そんなときめくドット絵で彩られたアクションシューティングゲーム『Bot Vice』である。スペインのインディーデベロッパー・DYA Gamesが制作した作品で、2016年7月11日にゲーム配信プラットフォーム「Steam」でリリースされた。

image10
 
ボットシティの女性警察官エリン・セイバーは半年前、相棒と共にサイコパスのサイボーグ傭兵四人を筆頭に構成された犯罪集団「ワイルドボット」を追っていた。しかし、彼らの返り討ちに遭い、相棒は死亡。エリンも右腕を失う重症を負い、任務は失敗に終わった。後にエリンは近接・遠距離に両対応した特殊武装「バイオニックアーム」を装着する手術を受け、右腕を取り戻す。
image01
 
同じ頃、ワイルドボット達は街のシンボルであるビル「トミナカ・プラザ」を消滅させようと目論む男に雇われる。そして男は電波ジャックを実施し、街への襲撃とビル消滅を予告。放送を見たエリンはワイルドボットへの復讐を果たし、トミナカ・プラザ消滅を阻止すべく、単身で敵地に乗り込む。

どことなく映画『ダイ・ハード』を髣髴とさせるストーリーが展開される今作は、懐かしさ溢れるビジュアルのみならず、その時代を髣髴とさせる手強さも色濃く現れた作りとなっている。

息つく暇すら与えない、東奔西走なアクションシューティング

ゲームは主人公のエリンを操作し、右腕のバイオニックアームに搭載された銃火器で迫り来る敵を撃ち倒し、最後に現れるボスの撃破を目指す、王道のステージクリア方式で展開。一つ一つを順に攻略していく、アーケードスタイルとなっている。

image08
 
ステージは2Dのトップビュー(見下ろし)視点で構成。プレイヤーのエリンは画面下、バリケードで区切られたスペースに位置し、左右に動き回りながら次々と現れる敵を迎撃していく。

行動範囲こそ限られているが、バリケード付近に来た敵に大ダメージを与える「ソード」による近接攻撃、一瞬だけ無敵時間が発生する緊急回避のローリング、敵に狙いを付けるロックオン、そしてバリケードの影に隠れるなど、できるアクションは豊富。敵への攻撃時に用いる銃火器も初期装備のハンドガンのほか、マシンガン、スプレッドガン、ロケットランチャーと言った個性的な武器が六種類用意されている。

ただ、ハンドガン以外の武器は弾数が有限。更に最初から使う事もできず、ステージ攻略中に現れる特定の敵を攻撃した際に落とすアイテムを取得すると、それに対応した武器が使えるようになる仕組みとなっている。

そんな複数の銃火器を使い分け、限られた行動範囲内で多彩なアクションを駆使して敵を迎撃するのが基本のプレイスタイル。アクションシューティングの言葉通りのらしさを突き詰めたゲームデザインが図られている。
image11
 
身も蓋も無く言うと、トップビュー視点に置き換えた『タイムクライシス』である。そこに1990年にアーケードゲームとしてリリースされた『NAM-1975』、1994年にスーパーファミコンで発売され、2016年にはプレイステーション4向けにリメイク版も発売された『ワイルドガンズ』の要素を複数足し合わせ、アクション性を強める設計を施している。開発のDYA Gamesもそれらの作品を公式サイト上で挙げており、まさに90年代のガンシューティングゲーム、アーケードゲームへの敬意を込めて製作された集大成的な内容になっている。

1 2 3 4次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。