ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ミリタリーブーツで注目される3大ブランドとは

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ミリタリーブーツで注目される3大ブランドとは

悪天候や悪路において足を守り、かつ動きやすいことが重要視されるミリタリーブーツ。アウトドアやサバゲフリークの間で愛用されています。しかし近年、ビジネスシーンやカジュアルスタイルにも適応するハイセンスなデザインのものもラインアップ。日常履きとしても注目されています。

ミリタリーブーツといえばBATES

中でも、ミリタリーブーツの「BATES(ベイツ)」「ALPHA(アルファ)」「SESSLER(セスラー)」の3大ブランドは要チェックです。機能とデザインを兼ね備えたシューズを数多く展開しています。

ミリタリーブーツといえば「BATES」。1885年創業です。1960年代前半、アメリカ海軍へのオックスフォードシューズの納入以来、米軍向けへの靴納入業者としての地位を確立しました。

一部商品に、履き心地をカスタマイズできる「I.C.S.テクノロジー」を採用しています。そんなミリタリーブーツの1つが、サイドジップで履きやすい「DELTA-8」。実勢価格は29,160円です。

「ALPHA」は1959年創業のミリタリーブランド。アメリカ国防総省に依頼された軍用ジャケット「MA-1」が有名ですが、ミリタリーブーツを中心としたシューズの製造も行っています。

ミリタリーブーツをタウンユース

レインブーツ&レスキューブーツなど実用性高いシューズも豊富。「AF-2943 U.S.NAVYオックスフォードシューズ」は、デッドストックの米海軍オックスフォー
ドシューズを再現しています。機械製法としては最古のグッドイヤーウェルト製法を採用。型崩れせず堅牢な作りです。実勢価格は14,580円となっています。

「SESSLER」は東京都台東区のアメヤ横町(アメ横)にあるミリタリーショップ・中田商店のオリジナルブランド。主に米軍のレプリカ商品を製造しています。ジャンルも幅広く、安価なのが魅力。シューズは現在7モデルを展開します。

「トゥキャップブーツ」はアメリカ軍タイプ(第二次世界大戦時モデル)のミリタリーブーツ。靴底はタウンユース仕様にアレンジされています。丈はショートブーツよりもやや長めで、カジュアルファッションとの相性バツグンです。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
赤外線フィルターを使った透視撮影にトライした
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。