ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

都内随一のやちむんコーナー出現! 今年もfennicaの「オキナワン・マーケット」が始まります

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
2017-okinawanmarket_001

2017年3月3日(金)から3月12日(日)まで、東京・原宿のインターナショナルギャラリー ビームス2階「fennica(フェニカ)」にて「2017 OKINAWAN MARKET」が開催されます。

fennicaの早春恒例イベントであるOKINAWAN MARKET(オキナワンマーケット)。伝統的な沖縄陶器「やちむん」を中心に、沖縄ならではのモチーフや素材を使ったファッション、雑貨、食品を販売します。

今回参加しているやちむん作家は県内最大規模を誇る読谷村・北窯の松田米司・共司工房、鮮やかな絵付けが特徴の山田真萬、若手実力派の室生窯・谷口室生、そして大宜味村の菅原謙・陶藝玉城、陶器工房風香原の中里香織。さらに沖縄伝統の陶器製骨壷の名手・上江洲茂夫の作品も加わり、都内でも随一のやちむんコーナーとなっています。

やちむんに合わせて食品・雑貨類も用意されており、今年のイチオシは「食べられるい草」を展開する照間ビーグ。オーガニック農法で育てられたい草は食べてよし、ディフューザーにしてもよしと、今沖縄で注目のブランドです。

また、沖縄の伝統的な紅型をプリントでアレンジしたウェアブランド「YOKANG」や、琉球漆器の技法を取り入れた「Nui:Mun」のアクセサリー、「かんぜーく」と呼ばれる沖縄の金細工を手がける「またよし」など、ファッションアイテムが充実しているのも見どころ。昨年fennicaレーベルで販売され、即品薄となった東洋エンタープライズ別注・OKINAWAスカジャンの予約も会場内で受け付けます。

「デザインとクラフトの橋渡し」をテーマに世界の雑貨を紹介するfennicaならではの個性的なラインナップを楽しめるOKINAWAN MARKET。リピーターの方も初めての方も、ぜひ足を運んでみてください。

2017-okinawanmarket_002 山田真萬の色鮮やかなやちむん。 2017-okinawanmarket_003 大宜味村の菅原謙・陶藝玉城の作品。 2017-okinawanmarket_004 こちらは若手のやちむん作家・谷口室生。 2017-okinawanmarket_005 松田共司氏の作品。

▽昨年開催の様子

2017-okinawanmarket_006 2017-okinawanmarket_007 2017-okinawanmarket_009

2017 OKINAWAN MARKET

会期:2017年3月3日(金)~3月12日(日) 11:00~20:00

会場:原宿 インターナショナルギャラリービームス2階 fennicaコーナー

展開アイテム:

▽やちむん(陶器)

北窯の松田米司・共司工房、山田真萬、菅原謙・陶藝玉城、室生窯の谷口室生、陶器工房風香原の中里香織、上江洲茂生

▽ウェア

YOKANG、fennicaの東洋エンタープライズ別注OKINAWAスカジャン(予約)

▽アクセサリー

Nui Mun

▽金細工

またよし

▽食品雑貨

照間ビーグ

Writing:Ruiko Eguchi

Edit:Tadasuke Shiomi

関連記事リンク(外部サイト)

鈴木マサル初の立体作品! everyday by collexから動物モチーフの陶器オブジェ発売
9名の建築家・デザイナーが「旬の材料」で制作したプロダクト展
フィンランド独立100周年! イッタラとアラビアから今年だけの限定コレクション登場

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。