ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

花を長持ちさせる職人技「水揚げ」とは?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

花を長持ちさせる職人技「水揚げ」とは?
J-WAVEで放送中の番組「ALL GOOD FRIDAY」(ナビゲーター:LiLiCo・稲葉友)のワンコーナー「NN Seimei WORK INSIDE」。このコーナーは、稲葉友が東京の今を支えている意外な一面、ディープな一面を直撃して紐解いていくお仕事体験・社会科見学のコーナー。3月3日(金)のオンエアでは、お花屋さんへ弟子入り体験してきました!

今回、訪れたのは自由が丘にあるジョーロが目印のお花屋さん「ブリキのジョーロ」。店主の勝地末子さんは、もともと専業主婦。その頃から趣味でお花屋さん巡りや、ガーデニングをしていたそう。その後、子育ても一段落したことを機にお花の勉強を始め、同店をオープンされました。

お花屋さんの一日はお花の仕入れから始まります。お花を選ぶ際にはかなりこだわりがあるそうです。

「朝3時すぎくらいに市場に行きます。花選びは妥協しない」と勝地さん。スタッフへの指導も徹底しています。

そしてこの仕事で一番の醍醐味を感じるのは、やはり、お客様に喜んでもらえたときだそう。お客様から依頼がきたときに、お花を渡したい相手がどんな人でどんな好みか、渡すシチュエーションなどを聞き、しっかり理解してから花束を作ることが大事…とおっしゃいます。それが後日、「ピッタリ当たったときは私たちも『やったー!』みたいな感じ(笑)」(勝地さん)とのことです。

そして今回は、お花を長持ちさせる方法の一つ「水揚げ」を、スタッフさんに教えていただきました。

市場から仕入れたお花は、箱に入ってお店に運ばれてくるのですが、そのときは少ししおれている状態なのだそう。「水揚げ」はそれを元気にさせる方法とのこと。「原理としては、切り口にお水を吸う管があるんですね。切り口のところが古くなってくると、その繊維が潰れちゃうんです。それを新しい切り口にしてあげる」とスタッフさん。

やり方は、ナイフで茎を斜めにカットすること。なぜ斜めかというと、その分、切り口の面積が広くなるので、お水をより吸収できるのだそう。“切る”というよりも“削る”感じにすると良いそうですが、稲葉がチャレンジしたところ、なかなかうまく切れませんでした…。プロの技なのですね!

ちなみにハサミは繊維を潰してしまうそうなので、ナイフの方が良いとのこと。もうすぐホワイトデー。お返しに素敵なお花はいかがですか?

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ALL GOOD FRIDAY」
放送日時:毎週金曜 14時―16時30分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/goodfriday/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。