体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

多忙な日々だからこそ続けたい! がんばらない「弁当生活」のススメ

f:id:tany_tanimoto:20170222143145j:plain

何かと忙しい日々を過ごしていると、ついおろそかになるのが自分の食事。仕事の合間にファストフードやコンビニ弁当をかきこみ、夜は同僚と連れ立って居酒屋メシ。残業となれば、深夜の夜食も欲しくなる……。そんな「不規則で外食オンリーの食生活」を送っているビジネスパーソンも少なくないでしょう。

IT系ベンチャー企業で怒涛のようなワークライフを過ごしていた杉森千紘さんも、そんな食生活を送っていたひとり。けれど「節約と健康のために」と一念発起して、2006年から“自分のために弁当を作る生活”をスタートさせました。忙しい日々の合間に作った弁当をアップしたブログ『東京弁当生活。』は月間100万PV超の人気ブログとなり、今年の1月には『東京弁当生活帖。』として書籍化。はやくも重版がかかるほど反響を呼んでいます。そんな杉森さんに、弁当生活のメリットや、多忙な日々でも無理なく続けるコツをお聞きしました。

f:id:tany_tanimoto:20170222142121j:plain

ブログ『東京弁当生活。』管理人。福井県出身。国際線CAとして勤務の後、渋谷のIT企業に10数年勤務。現在はフリーランス。著書『東京弁当生活帖。』(セブン&アイ出版)。

「おはようビール」のち仮眠、そして出勤……不規則な食生活から「弁当生活」へ

――弁当生活を始める前の食生活はどんな感じでしたか?

杉森千紘さん(以下、杉森):入社当初は昼夜も土日もないような激務っぷりで、ひどいときには朝7時ごろまで仕事をして、「おはようビール」を飲んでから帰宅して仮眠をとり、また出社するような生活を送っていました。食事の時間はまちまちだし、もっぱらコンビニやファストフード。夕飯は仕事の合間に居酒屋で軽く飲んで食べて、また会社に戻る……みたいな感じでした。

――そんな多忙な生活で、よくお弁当を作ろうと思い立ちましたね。

杉森:入社から2、3年経って少しずつ社員が増えて、仕事を後輩に任せられるようになってきたのですが、それでも不規則な食習慣がなかなか抜けなかったんですよね。でも、その生活を続けているとお金が全然手元に残らないので、「これはマズいな」と思って。年齢も30歳近くになって、「そろそろ健康にも気を遣わなきゃ」とか、後輩もいるんだから「いい加減、しっかりしなきゃ」とか……。食生活を見直すきっかけがいくつか重なって、節約と健康のために「弁当生活を始めよう」となりました。

f:id:tany_tanimoto:20170222142229j:plain

――それまではあまり自炊していなかったんですか?

杉森:たまにしてましたけど、料理って作り続けないと手際も悪くなるし、食材を余らせて無駄になって、結局不経済じゃないですか。そうなると、「やっぱり買ったほうがいいな」と続かなくて。

――では、かなりの覚悟を持って弁当生活をスタートしたんですね。

杉森:いえいえ。「ちょっとやってみるか」くらいのスタンスでした。おかずも「炒めるだけ」「切って入れるだけ」のすごくカンタンなもの。でも、そうしていくうちに「この食材が余ってるから、明日も作ろうかな」「傷む前にスープにしちゃおう」と冷蔵庫の中をやりくりするようになって……テトリスみたいな感じ(笑)。それで弁当を持っていく日が増えて、夕飯も家で作るようになって、少しずつ食習慣が変わっていったんです。

手作りの習慣は、外食の意識も変える

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。