ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

NIKEがプラスサイズスタート。もう体型にこだわらない

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

人生は選択の連続。

そしてその選択肢は、どんどん広がり続けています。

機能性も抜群。ナイキがプラスサイズラインを開始

スポーツブランド「NIKE(ナイキ)」が、プラスサイズのスポーツウェアラインを新しくローンチしました。

NikeWomenさん(@nikewomen)がシェアした投稿 – 2016 12月 11 11:35午前 PST

展開されるサイズは、XL〜3XL。

これまで、サイズが無くてナイキのスポーツウェアが着られなかった人も、楽しんで選べるようになりました。

NikeWomenさん(@nikewomen)がシェアした投稿 – 2016 12月 28 11:08午前 PST

また、ただサイズが大きくなっただけではありません。

留め具やストラップ、カップに工夫を凝らすことで、プラスサイズの人でも快適に動けるようになっています。

NikeWomenさん(@nikewomen)がシェアした投稿 – 2016 9月 15 11:23午前 PDT

スポーツブラを選ぶときに陥りやすいのが、サイズの間違い。

ほとんどの女性が、バンドが大きすぎて、かつカップが小さすぎるスポーツブラを選んでしまっているのだそう。

NikeWomenさん(@nikewomen)がシェアした投稿 – 2016 7月 13 1:00午後 PDT

ナイキは、Instagarmで

(スポーツブラを着た状態で)頭の上に手を上げてください。バンドが上がったら、サイズを下げる必要があります。

と呼びかけています。

パフォーマンスを上げるためにも、自分に合ったスポーツウェアを選ぶことは大切なこと。

アスリートの前に「女性」をつける時代は終わった

今回、プラスサイズラインを始めるにあたって、ナイキは

もう「アスリート」という言葉の前に「女性」をつけなければならない時代は終わっています。私たちは、アスリートの民族から体型にいたるまでの多様化をうれしく思っています。

とコメントしています。

性別とか、国とか、体型とか、もうそんなものに縛られる必要はない。そう、言いきってくれたのです。

[NIKE, ELLE]

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

・「食べたいものを食べて、ストレスフリーでいることが好き」健康志向なサンフランシスコでハンバーガーにかぶりつく女子の意見

・映画で学ぶ「人生のドン底から立ち上がる方法」#sponsored

・ブラシもチップも使わない「指先メイク」 #sponsored

■ あわせて読みたい

・その動き、ルンバ的! ロボかわいい〜ってなるスーツケース
・一週間に何回洗濯してる?
・胸下まであるブーツ。もう普通がない。ヴェトモンとマノロ・ブラニクがコラボ
・たかが乗り継ぎの空港でひとりになったくらいで、メソメソしている場合ではない。UNTITLED BY KIKUNO
・あなたの恋愛ポジション、ひな人形に例えると何段め? #深層心理
・オリヴィア・パレルモが選ぶブランドなら、きれいめもカジュアルも組み合わせ次第
・素足。網タイツ。靴下チラ見せ。春は足もとから始める

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。