ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

視覚障がい者の自立を支援!健常者レベルの視界を提供するヘッドセット「eSight」に注目

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
esight_1昨年は、視覚障がい者が駅のホームから転落するという不幸な事故が、連続して起こった。駅員の介助を徹底するなど、駅側のサポートが強化されつつあるようだが、当事者自身が日頃から安全に歩けるような対策がなされれば、なお心強いことだろう。

これは決して、日本国内だけの問題ではない。その証拠に、海外でも「eSight」のような頼もしいプロダクトが誕生している。視覚障がい者のために開発されたヘッドセットで、健常者とほぼ同等の視界を提供する画期的な製品だ。

・かつてないほどの明瞭な画像を超スピードで提供

esight_2「eSight」の視覚機能は、HDカメラとヘッドセットの前面に据えた2つのセンサーで稼働する。独自のアルゴリズムによってビデオフィールドを強化し、ユーザーが見たものを、ヘッドセットの眼鏡部分に当たる、2つのOLEDスクリーンに表示する仕組みだ。

画像はフルカラーで、高精度かつ高精細。前例のないほどの明瞭さとスピードで、鮮明な景色をユーザーに提供する。特許を取得したオリジナルのBioptic Tilt機能によって、周辺視野を最大にしながら、最適な表示位置にデバイスを調整することも可能だ。

重さは、4オンス(約113グラム)未満と超軽量。HDMIポートも装備されているため、Wi-Fi接続でデジタルコンテンツをストリーミングすることもできるという。

・試用したユーザーから喜びの声続々

esight_3黄斑変性、糖尿病性網膜症、眼球白内障、緑内障やスターガート病など、広範囲の視覚症状に対応。目が不自由でも独立した生活ができると、サンプルを着用した多くのユーザーから喜びの声が上がっている。

今のところ、一般販売はなし。専用メールフォームに必要事項を記入すれば、購入に関する情報を得られとのこと。痛ましい事故を防ぐためにも、日本での発売を期待したい。

eSight

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。