体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ASUS、国内版「ZenWatch 2(WI501QBQC / WI502QBQC)」を値下げ

ASUS の日本法人は 3 月 3 日、Android Wear スマートウォッチ「ZenWatch 2」の高速対応版で昨年 7 月に発売した 「ZenWatch 2(WI501QBQC / WI502QBQC)」の本体価格を 10,000 ~ 15,000 円程度値下げしました。BQC シリーズは元のモデルからバッテリー容量が減少しつつも高速充電に対応し、ラインアップを絞って販売されました。ラインアップは、ガンメタルとシルバーの 2 色で、リストバンドにはレザータイプとメタルタイプの 2 種類が用意されています。また WI502QBQC については、リストバンドにスワロフスキークリスタルをあしらった「クリスタルエディション」も用意されています。元々の価格は WI501QBQC と WI502QBQC のレザーバンドモデルが 32,184 円(税込み)、メタルバンドモデルが 39,744 円(税込み)、WI502QBQC のクリスタルエディションが 49,464 円(税込み)です。値下げ後の価格はレザーバンドモデルが 22,464 円(税込み)、メタルバンドモデルが 30,024 円(税込み)、クリスタルエディションが 35,424 円(税込み)となります。Source : ASUS

■関連記事
「Googleフォト」にホワイトバランスの自動補正機能やフィルターの適用度を調節できる機能が追加
Google、「Gboard」と「Google Play開発者サービス」のベータテストプログラムを開始
Xperia XZ PremiumのカメラUI の変更点

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。