ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

タグホイヤーのカレラ売る前にチェック!買取相場と売り方まとめ

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

時計で有名なスイスが発信する、タグホイヤー(TAG Heuer)の中でもスポーツラインとして製品を展開するカレラ。耐衝撃性と、防水構造を備えたモデルなどを次々と展開し、日本国内でもファンは多くいるほど。

そんなタグホイヤーのカレラを買取してもらうといくらになるのか?買取金額が気になっているという方に、カレラの人気モデルの買取相場や、腕時計を売る時に知っておくと得をする、高く売る買取方法などについてもまとめてご紹介したいと思います。

タグホイヤーカレラの買取価格を徹底比較

※いずれも2017年2月16日時点の買取価格です。

カレラシリーズ

カレラ WV211A

-

●ブランド風月:買取価格86,000円
●カイトリマン:買取価格85,000円

カレラ CV5111.FC6335

-

●カイトリマン:買取価格350,000円
●ブランド風月:買取価格250,000円

カレラシリーズまとめ

一般的なカレラシリーズ、最もよく購入されているタイプです。モデルの種類が多く、定価もピンからキリまでといったところ。買取相場は、定価の20%~60%程度と考えていいでしょう。

カレラ CV5111.FC6335に関しては、買取店の価格が100,000円も差額が出ています。売る時は、必ず価格の比較をしてから売ることをおすすめします。

その他カレラシリーズ

カレラキャリバーSラップタイマー CV7A11.BA0795

-

●ブランド風月:買取価格150,000円
●カイトリマン:買取価格130,000円

カレラタキメーター CV2013

-

●カイトリマン:買取価格150,000円
●ブランド風月:買取価格140,000円

カレラツインタイム WV2115.FC6180

-

●ブランド風月:買取価格150,000円
●カイトリマン:買取価格120,000円

その他カレラシリーズまとめ

カレラの中でも複数種類があり、キャリバー、タキメーター、ツインタイムなどをまとめて相場を挙げるとすれば、定価の約30%~50%で買取してもらえると考えていいでしょう。

ブランドの腕時計の中では、高価買取してもらえる価格なので、売る時は価格に期待できますが、それでも価格の比較は必須です。

一番高く売れる買取店はブランド風月・カイトリマン

タグホイヤーのカレラが最も高く売れる買取店は、ブランド風月とカイトリマンでした。モデルにより高く売れる買取店は異なります。

ブランド風月

-

ブランド品専門の買取店、ブランド風月。価値あるモデルには特に高価買取価格をつけてくれることもあり、腕時計を買取してもらう際には覚えておきたいお店のひとつ。ホームページには買取で得をする、クーポンやキャンペーンが度々登場していることもあるので、買取前には確認をおすすめします。サービスを活用すると、思いがけない査定結果になることもあります。

実店舗は神奈川県内にいくつかありますが、宅配買取も実施しています。送料無料で買取してもらえるだけでなく、買取価格に納得できなかった場合は返送料金も無料なので、どこにお住まいの方でも安心して買取してもらえるでしょう。

カイトリマン

-

腕時計の価格を、一括して検索できるサイトのカイトリマン。買取店ではありませんが、一番高く買取してくれるお店を教えてもらえるので、買取価格を重視してお店を選びたい方におすすめです。

基本的に送料無料で宅配買取が利用できるというところがポイント。どこにお住まいの方でも、買取店の場所を気にせず買取してもらうことが可能です。

腕時計を高く売るコツ

null

買取価格を比較してから売る

今回ご紹介したモデルは、買取店ごとに価格が異なりました。売る前には、必ず買取価格を比較してから売るという流れを実践するだけでも高価買取してもらうことは可能です。

今回タグホイヤーのカレラの価格を紹介した元サイトは、いずれもウリドキサイト。検索枠には、「タグホイヤー カレラ」と入力するだけで、カレラの買取価格が検索可能です。簡単に複数店の買取価格が一括して比較できるので、ぜひ活用を。

→ウリドキのホームページへ

付属品を揃えて査定に出す

腕時計を査定してもらう際は、本体だけではなく付属品も査定に出しましょう。ギャランティカード、コマ詰めを行ったことがあるという方は、外したコマ。他にもオーバーホールを行った場合であれば証明書など、付属品を一緒に査定に出すだけでも買取価格はアップします。

今回ご紹介した買取相場は全て最大価格。付属品が不足している分は、そこから減額になってしまうので要注意です。

早めに買取してもらうこと

マメにオーバーホールを行うなど、手入れが行き届いている腕時計は買取り時も価格に期待できますが、使わずにずっと放置している腕時計は、見えない内部で劣化していることもあります。できるだけ良い状態で買取してもらうためにも、早めに買取してもらうことを視野に入れておきましょう。

買取に関する注意点

null

買取の取引について

買取の取引は、一度買取承諾書にサインをしてしまうと、キャンセルはできません。価格の比較は承諾書にサインをするまでに行っておく必要があるだけでなく、キャンペーンなどのサービスも、買取後に見つけた場合は適用されません。こちらも忘れずに使用しましょう。

身分証が必須である

買取の取引には、金額に関わらず身分証が必須です。運転免許証、各種保険証、パスポートなど、身分が確認できる期限が切れていないものを用意しておきましょう。本人のものに限ります。マイナンバーカードは基本的に買取時の身分証として認められていません。他のものを用意しておくことをおすすめします。

銀行口座もあると安心

買取店によっては、数十万を超える査定金額になると現金で受け取ることが難しく、銀行口座による振り込みになることもあります。銀行口座も控えておくと、取引はスムーズです。

価格の比較をして買取へ!

null
腕時計を買取に出すタイミングは難しく、なかなか売る決断がつかないという方も多いことでしょう。しかし、いずれは買取してもらうというのであれば、早めに買取してもらうことで高く売れるチャンスはまだまだあります。大切な時計を少しでも高く売るためには、必ず比較をお忘れなく。タグホイヤーのカレラは人気が高いので、思いがけない価格で売れる可能性も期待できるでしょう。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。