ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

フェンダーを高く売るためのポイントとは?買取相場もご紹介

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

楽器メーカーの中でも特に有名で人気の高いフェンダー、買取してもらおうかと考えている方は、どの買取り店にするか決まりましたか?楽器の買取を行う店は年々増えており、どこで売ろうかと迷ってしまい売り時を逃している方に。フェンダーの楽器を買取してもらう時に必要な、買取相場や高価買取のコツを伝授します。フェンダーのギターやベースを売る予定である方は必見です。

フェンダーを買取してもらおうと考えている方に

null出典:xunicorn

1946年創業アメリカ合衆国発祥の楽器メーカー、フェンダー(Fender)。さまざまな楽器展開を行っていますが、その中でも最も主要な楽器といえばギターとベース、アンプなど。初めて手にしたモデルがフェンダーであったという方もたくさんいるのではないでしょうか。思い入れの強い楽器を手放す際は、慎重に。おすすめの買取店や、買取にふさわしい信頼できる買取店についてもご紹介します。

フェンダーの買取価格の相場をご紹介

null出典:feelnoxx

(※いずれも2017/1/30時点の買取価格)

ギター

null
photo by Larry Ziffle

ST54-120DMC 買取価格~60,000円

null

ST/HO/3S 買取価格~65,000円

null

ST/HO/2H 買取価格~65,000円

null

ST54/VSP 買取価格~66,000円
null

MG65/VSP 買取価格~67,500円
null

ST54-DMC/VSP 買取価格~67,500円
null

ST-165VR 買取価格~85,500円

null

ST-175RB 買取価格~90,500円

null

ベース

JBV 買取価格~ 62,500円

null

JB75PJ 買取価格~65,000円
null

JBV-125L 買取価格~65,000円

null
JB75-US/LH 買取価格~67,500円
null

JBV/LH 買取価格~70,000円
JB77-195MM 買取価格~97,000円
JB77-205MM 買取価格~102,000円
JB77-MM 買取価格~110,000円

アコギ・エレアコ

CD-280SCE 買取価格~14,200円
null

CD-290SCE 買取価格~17,200円
null

CD-320ASCE 買取価格~26,300円

null

Elvis KINGMAN 買取価格~19,200円

null

おすすめの買取店をご紹介

イケベバイキング

イケベバイキング
イケベバイキングのホームページへ

特徴
楽器買取を専門的に行う店、イケベバイキング。時期により買取内容は異なりますが、フェンダーは246ギターズが特に高価買取。JAPANだけでなく、MEXICO、USAいずれも買取可能です。宅配買取を利用すれば、送料無料。どこにお住まいの方でも買取してもらえるお店として、覚えておくと良いでしょう。ホームページを確認すると、買取に関するキャンペーンがたっぷり掲載されているので、お得な情報はお見逃しなく。

査定方法:メール査定、電話相談可能
買取方法:宅配買取、店頭買取(池袋・渋谷・秋葉原・心斎橋に店舗あり)

イシバシ楽器

null

特徴
全国各地に店舗をもつ、イシバシ楽器。ギター、ベース共にフェンダーは超高価買取として買取リストが詳しく掲載されています。こちらの買取店でもJAPAN、MEXICO、USAいずれも買取可能。JAPANは特に買取価格が高価に設定されているので、売りたいモデルがあるという方はリストのチェックを。宅配買取を利用する際は、送料・手数料・梱包に必要なキットまで全て無料。価格に満足できなかった場合でも返送料金もかからないので、安心して買取してもらえる点が魅力です。

査定方法:ホームページ内検索、メール査定、電話相談可能
買取方法:宅配買取、出張買取、店頭買取(全国各地に10店舗以上あり)

フェンダー製品を高く売るためのポイント

null

見積もり査定額を比較する

買取店によって、買取価格は異なります。まずは見積もり査定額を出してもらい、どの買取店が高く売れるか比較をしましょう。たったこれだけでも、フェンダーの製品を高価買取しているお店であれば、大幅に高価買取してくれることもあります。

まとめて複数点買取してもらう

楽器を買取してもらう時は、周辺アイテムであるフェンダーのケースなど付属品などもまとめて買取してもらいましょう。これは売れないなと自ら判断してしまう前に、相談するだけでも予想外の査定結果になることもあるからです。複数買取品を出すことで、買取が有利になるお店が多いのでぜひ実行を。

楽器買取に関する注意点

null

価格の比較は売るまでに済ませておく

この買取店にしようと、いきなり一店舗目で買取を済ませてしまうと、後日他店に目移りしてしまい、結果他店の方が高価買取であることに気づいて後悔することもあります。

価格を重視して買取してほしいと考えているようであれば、必ず見積もり査定額を出してもらい、価格を比較してから売りましょう。買取承諾書にサインをした後に取引をキャンセルすることはできないので、要注意です。

買取には身分証がなければならない

身分証がなければ買取の取引はできません。免許証、各種保険証、住基カード、パスポートなど、身分が証明できるものを用意しておきましょう。そして承諾書にサインをする本人のものでなければならないこと、期限が切れていないもののみが対象です。

マイナンバーカードでは、まだ大半の買取店では不可とされていることも、知っておくと取引はスムーズに行えるでしょう。今後規定が変わる可能性もありますが、他の身分証を持って行くことをおすすめします。(2017年1月時点)

フェンダー製品を買取してもらいましょう!

null

楽器の高価買取メーカーを掲載しているお店でも、フェンダーだけは必ず掲載しているといっていいほど重要なメーカーです。どの買取店でも比較的買取には積極的ではありますが、店ごとに価格にバラつきがあるのも事実。高価買取してもらうためにも、複数の買取店で見積もり査定額を出してもらう手間だけはかけることで、高く売ることは可能です。この機会に、大切にしてきた楽器を買取してもらいませんか?

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。