ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

パトカーの交通取り締まり危険度を判別する方法

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
パトカーの交通取り締まり危険度を判別する方法

一目瞭然の白黒パトカーから一般車に紛れ込む覆面パトカーまで、交通取り締まりをする警察車両は多種多様です。しかし、高度な運転技能を必要とする追尾式のスピード取り締まりの場合、速度を正確に計測できる車両は限定されてきます。パトカーによる危険度の判別法を紹介しましょう。

交通取り締まり用の覆面パトカー

もっとも危険度が高いのは交通取り締まり用の覆面パトカー。交通違反専門の交通機動隊員の運転技量と相まって、狙われたら最後、あっという間に追尾・測定され、後部座席でスピード違反のキップが授与されます。

交通取り締まり用の覆面パトカーの特徴はルーフの真ん中から、電動で出てくる反転式の赤色灯です。そのため、ルーフの真ん中に大きなフタがあります。運転席の高い大型車からは丸見えですが、乗用車からは一切見えません。

次に危険度が高いのは交通取り締まり用パトカー。警らパトカーとの外観の違いは赤色灯の載せ方ですが、いわゆる交通取り締まり用の白黒パトカーは3,000ccのハイパワーモデルで中身も違っています。

危険度が低い捜査用覆面パトカー

交通取り締まり用パトカーは、散光式赤色灯がルーフに直接載っているのが特徴。とはいえ、250馬力オーバーの加速で接近・追尾されると、夜間は白黒パトカーでも発見が遅れます。夜間は要注意です。

一方、警らパトカーの外観の特徴は赤色灯昇降装置を搭載していること。エンジンは廉価版とはいえ2,500ccあるので加速はしますが、乗員に追尾・スピード測定の技量がないため追尾取り締まりは不得手。その分、信号無視や進行方向別通行区分違反などの現認系の違反で猛威をふるってきます。

危険度が低いのは捜査用の覆面パトカー。刑事たちの“足”なので、交通取り締まりは行いません。捜査用の覆面パトカーはグリル内に前面警光灯を装備せず、マグネット式の赤色灯を車内から手でルーフに載せることになります。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。