ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

小学館『ちゃお』4月号の家電ふろくがル○バみたい

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
小学館『ちゃお』4月号の家電ふろくがル○バみたい

 小学館・ちゃおの4月号(税込580円)の家電ふろくがお掃除ロボットのル○バのようで超豪華だと話題です。

【関連:少女漫画誌『ちゃお』の付録が攻めすぎと話題】

 家電ふろくは『プリちぃおそうじロボCHI-01』。水色の円型をしたお掃除ロボで、上には現在連載中で4月から放映のアニメ化が決定している『プリプリちぃちゃん』に登場する地底人・ちぃちゃんを模したキャラクターがちょこんと座っているデザイン。
卓上でスイッチを入れると自分で動いて掃除してくれる上、机の端までたどり着くと落ちないように方向転換してくれる賢い仕様となっています。。

 ちゃおの公式サイトでは「少女まんが史上初!楽しすぎる家電ふろく登場ッ!!」と興奮気味にアナウンスしており、雑誌にも「おそうじロボで、すっきりおへや大改造」という記事を組むほどの力の入れようだそうですよ。

 アラサー、アラフィフの世代は応募者全員サービスのプレゼントが欲しくて応募券に返送用の切手を添えて送った覚えがありますが、今はそんな手間をかけなくても雑誌を買えば豪華な付録がついてくる時代になったのだなあと、時代の流れをひしひしと感じます。

 近年、電子書籍の台頭で少女向け漫画雑誌に限らず紙媒体雑誌の付録が豪華なものへと変遷しています。少女向け漫画雑誌だと記憶に新しいところで講談社・なかよし2016年3月号で原稿用紙やスクリーントーン、コミックペン、送れば添削してくれるハガキなどが盛り込まれた『本格まんが家セット』が「付録の域を超えている」と話題になりました。

 女性ファッション雑誌でも付録がブランドとコラボレーションしたバッグや財布、ポーチなど冗談のように豪華であることを鑑みると、生き残りをかけて付録のさらなる豪華さに拍車がかるかもしれませんね。

・出典:小学館『ちゃお』公式ページ

(大路実歩子)

関連記事リンク(外部サイト)

清水玲子の筆致が間近で見られるぞ!漫勉4期は3月2日から
実写『プリンシパル』の美男子・桜井役に高杉真宙が決定 ファンも納得
読み切りの天才・内水融が放つパニックホラー『マシラ』、チャンピオンクロスで新連載

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。