体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【裏技・最強TKG】東西天ぷら戦争待ったなし! 揚げたて天ぷら「まきの」【チェーン飯最前線】

f:id:Meshi2_IB:20170129121242j:plain

ついに天ぷらチェーン革命が始まるか!?

和食におけるチェーン系飲食店の代表的なジャンルといえば牛丼・そば・うどん。しかし「これはもっとあってよくない?」と思ってる日本を代表するメニューがないだろうか。それが「天ぷら」および「天丼」。

現在カジュアルに食べられるチェーン店としては、「天丼てんや」の一強状態ですよね。しかし、最近ではそば・うどんチェーンでも天ぷらの揚げたてを売りにしたお店も珍しくなくなり、そろそろ本格的な天ぷらチェーン店が出てきても……と思っていたら、去年一気にその波がやってきました! それも関西から。

「丸亀製麺」で知られるトリドールが関西で展開していた天ぷらチェーン店「天ぷらのまきの」、同じく関西中心の「まいどおおきに食堂」のフジオフードシステムの「天麩羅えびのや」がそろって2016年に東京1号店を出店。

2016年は松屋フードも「、松(てんまつ)」をオープンさせており、関東・関西が激突する天ぷらチェーン東西戦争が勃発!

揚げ物好きとしてはむしろ待ってました感すらあります。

そんな中で2016年12月にオープンした「天ぷら定食 まきの」武蔵小山店にうかがってみました。先に書いたとおり、丸亀製麺と同系列の「まきの」。

丸亀製麺というと、あのうず高いかき揚げですよね! それ以外の天ぷらも美味で「天丼屋さんとしてイケる!」というのは前々から評判になっていました。それが完全揚げたてで提供してくれるとなると、そりゃ心弾みますよ!

f:id:Meshi2_IB:20170127185606j:plain

12月オープンしたばかりで真新しい「天ぷら定食 まきの」武蔵小山店。

そんな「まきの」ですが、学食のようなセルフスタイルの丸亀製麺とは違い、見るからに天ぷら屋さんという整ったしつらい。とはいえ、ずらり並んだカウンターは独り身に優しい……。日常のテンションで天ぷらを食べたい人も、今日はごちそうだぜって気分で食べたい人にも、惑うことなく天ぷらと向き合って食べられそうです。

f:id:Meshi2_IB:20170127185607j:plain

本格的な天ぷら屋さんのカウンターのよう。

f:id:Meshi2_IB:20170127185608j:plain

季節の天ぷらに、あさり汁もおすすめ。

f:id:Meshi2_IB:20170127185609j:plain
1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。