ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ゆず、オールタイムベストでFCキャラ・ゆず太郎と世界的アーティストとの豪華コラボが実現

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ゆず、オールタイムベストでFCキャラ・ゆず太郎と世界的アーティストとの豪華コラボが実現

オールタイムベストアルバム「ゆずイロハ 1997-2017」ジャケット写真
左から名和晃平⽒、東信⽒、オリジナル、村上隆⽒が⼿がけたゆず太郎

ゆずがデビュー20周年を記念して4⽉26⽇にリリースするオールタイムベストアルバム「YUZU 20th Anniversary ALL TIME BEST ALBUM ゆずイロハ 1997-2017」のジャケット写真が3⽇、公開された。

本作のジャケット写真では、デビュー当時からゆずのファンクラブのマスコットキャラクターとして絶⼤な⼈気を誇っている「ゆず太郎」と、これまでさまざまな作品でゆずのアートワークを⼿がけてきたアーティスト・村上隆⽒、彫刻家・名和晃平⽒、フラワーアーティスト・東信⽒とのコラボレーションが実現。それぞれのアーティストが⾃⾝の感性と解釈でゆず太郎を表現。20年歩み続けてきたゆずとアートとの集⼤成といえる作品になっている。

「ゆずイロハ 1997-2017」は、ファンやこれまでゆずを聴いてきた⼈はもちろん、これからゆずを聴く⼈にとっても最適な、⼊⾨編ともいえるCD3枚組・全50曲という⼤ボリュームの内容。各ディスクを「イ」「ロ」「ハ」に振り分け、北川悠仁がそれぞれの⽂字からはじまる“歌の⽂句”を発案。シングル・アルバム曲問わず、そのフレーズにリンクした楽曲をセレクトし収録。

世の中に絶⼤なインパクトを与え、夏の定番曲として認知されている「夏⾊」、オリンピックソングとして確固たる地位を確⽴している「栄光の架橋」、後に数々のヒット曲を送り出していく⽇本⽣命CMタイアップ曲の第1弾「虹」、2013年のNHK朝の連続テレビ⼩説「ごちそうさん」主題歌として⽼若男⼥の⽀持を得た「⾬のち晴レルヤ」など、全50曲中、34曲がタイアップソングという豪華ラインナップ。

また、2002年にCD発売され、独特の世界観からファン問わず⼤きな話題を呼んだ「恋の歌謡⽇」、昨年に配信リリースされた「⾒上げてごらん夜の星を〜ぼくらのうた〜」が本作でアルバム初収録。さらに、各ディスクの最後には、20周年にふさわしいスペシャルトラックが収録されており、その3曲の詳細は後⽇発表される。

なお、ゆずは5⽉3⽇より、ベストアルバムを引っさげて初の4⼤ドームツアー「YUZU 20th Anniversary DOME TOUR 2017 ゆずイロハ」を開催。「ゆずイロハ」の収録曲を軸にした、⽂字通りアニバーサリーイヤーを象徴するベストヒットライブとなる。

村上隆⽒コメント
「ゆず」とは15年のお付き合い。何度もコラボやらせてもらいました。ずっと未来に向かうヴィジョンの歌と⼀緒になって、どんどん好きになっていきました。最初のコラボはお花で!ユズモラス、イッチくん、ゆずレンジャー、ゆずサーカス、と、コラボのたびにたくさんキャラクターを作ってきました。そんな「ゆず」と僕の集⼤成と⾔う事で、ゆず太郎に僕のボスキャラたんたん坊シリーズを合体! どどーんと時代を飲み込んじゃえ!と、ギラギラギャオ〜な作品にしました!

東信⽒コメント
MOSSYHILLの深い緑の世界と連動させ、今回は思いっきりシンプルに「緑」のゆず太郎をつくりました。つるっとした素材感、「⼈間らしい」曲線、優しい眼差し。それらが緑を纏った瞬間から、よりリアルな⽣き物の雰囲気を帯びました。⼿に持った2つのつながった球根はゆずの北川くんと岩沢くんの2⼈の存在を表しています。これからも⾳楽を通じて、お2⼈が沢⼭の新しい芽を育んでいかれることを祈っています。

関連リンク

「ゆずイロハ 1997-2017」特設サイトhttp://www.senha-yuzu.jp/special/yuzuiroha/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。