ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

公園よりも安心&楽しい! 春からの外遊びデビューに保育園の園庭解放がオススメ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguedi:20170302094721j:plain

息子が産まれて半年ほど経ち、外出する機会が増えてきた頃から、赤ちゃん連れで行けるスポットやイベントを見つけるのが楽しみになりました。

自宅周辺では、ファミリー向けのショッピングセンター、児童館、公園、スポーツクラブ……と少しずつお気に入りを開拓。

息子が1歳になり、どんどん活発になってきた頃からは、時々泊りがけで行く県内の実家周辺にも何かあるといいなぁと思うように。 この記事を書いた「cosmic」さんの過去記事:子どもを産むまで盲点でした! デイリーお出かけにうってつけの場所が近所の◯◯に

そんな時に出会ったのが、最寄りの保育園に貼ってあった“園庭開放”のポスター。

決まった曜日の午前中に園庭が一般開放されていて、未就学児+保護者なら誰でも入ってよいとのこと。

その保育園までは、実家から徒歩数分。私が子どもの頃からあって、同級生がたくさん通っていたこともあり、親近感を持っていたので、すぐに利用させてもらうことにしました。

午前中の好きな時間に行き、インターホンを鳴らして園庭開放に来たことを伝えると、カギを開けてもらえます。

初回に名札と参加シールを貼る台紙を作ってもらい、次回からは来るたびに名札をつけて台紙にシールを貼っていくシステム。

あとは、園庭を自由に使ってOK、とのことでした。

“園庭開放”の名の通り、ズバリ園庭が開放されているだけなのですが……これが、小さな息子と遊ぶにはとてもありがたかったです!

その理由としては…

まず、1歳の息子にとって近所の公園は、難しい遊具が多かったり、大きい子がボール遊びをしていたり道路に近かったりと、まだまだハードルが高かったから。

その点、保育園の園庭なら、遊具も未就園児向けだし先生もいてくれるし門扉もあるので、親子で安心&安全に遊べます。

また、私たちがお世話になっている保育園の園庭開放では、園児さんたちが使っている砂遊び道具やボールなども貸してもらえるため、遊びの幅もとても広がりました。

そして、日によっては、同じ時間に園児さんたちも外遊びや運動会の練習などで園庭を使うことがあり、同じ年頃~少し年上の子どもたちに刺激をもらえるというメリットも。

息子の場合は、遊具を使って鬼ごっこをしている男の子たちの後ろをついて回ったり、砂遊び道具でままごとをしている女の子たちの仲間に入れてもらったりして、初めての体験をたくさんできたように思います。

私自身も、「なるほど、こうして遊ぶともっと楽しいのね~」「もう少し大きくなるとあんな遊びもできるようになるんだ!」などなど、教えてもらったことがいっぱい。 関連記事:くっつき虫で抱っこにおんぶばかりだった次男坊。保育園の一時保育を利用しはじめ徐々に変化が!

育児を始めるまで知らなかった、“園庭開放”。

息子・2歳直前の現在では、実家に行く時の定番コースになっています。

自分たちが利用させてもらうようになってから調べてみると、いろいろな保育園・幼稚園で行われていて、イベントが企画されていたり育児相談を受け付けてもらえたりするところもあるようですね。

子連れでのお出かけ先に困ったら、一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

園庭開放、赤ちゃんの外遊びデビューにピッタリだと思います!

f:id:akasuguope02:20150806111901j:plain

著者:cosmic

年齢:37歳

子どもの年齢:1歳11ヶ月

フリーライター。女性誌やWEBなどで執筆。遠距離結婚生活を経て、2015年に長男を出産。“東京で仕事”と“関西で育児”、両方の暮らしを楽しむのがマイテーマ。目下、知らないことだらけのベビーワールドをキョロキョロ探検中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

生まれたばかりのダウン症の妹も、可愛いと言ってもらった。普通の接客が嬉しかったわけ
お出かけ先のトイレ
ドキドキの“映画館デビュー with 息子”。子連れ限定上映には嬉しい工夫がいっぱい!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。