体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【専属スタッフ紹介】趣-omomuki-の運営に新しく5名のスタッフが加わります!

生活・趣味

いつも趣通信をご覧いただき、ありがとうございます。趣通信運営責任者の藤森です。

2016年12月1日より2ヶ月間、募集をさせていただきました趣-omomuki-の専属スタッフ採用に、たくさんのご応募をいただきまして誠にありがとうございました。

趣通信や趣-omomuki-のFacebookやインスタグラムで募集をさせていただき、
いつもご覧いただいている皆さまから多くの応募をいただけたことに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

この度、新しく5名のスタッフの方に加わっていただくことになりました。

趣-omomuki-を立ち上げて以降、多くの方々にご協力をいただきながら一人で運営をしてきましたが、振り返ってみればあっという間の2年間でした。

3年目に向かっている趣-omomuki-の運営が新しく「6名のチーム」になることをご報告できる喜びと緊張感の両方を噛み締めています。

これまでの運営で大切にしていたことでもあり、そしてこれからも趣-omomuki-を運営していく上で大切にしていることがあります。

 

批判より提案。実行と継続。

IMG_3027 IMG_3007

スタッフ全員で顔合わせ・今後の打ち合わせを早速しました。(撮影場所:スタジオアレコレ様)

 

これまで何度か趣通信でもお伝えしたことがありますが、私が趣-omomuki-を立ち上げたキッカケも、立ち上げてからも、一貫して変わらずに実現したいと思っていることは日本文化に興味関心を持つキッカケを創ること、そして体験するキッカケを創っていくことです。

あまり私自身の中に日本文化はこうあるべきだ!という考えはなく、色んな立場・角度から見たり感じたりすることができるので、なるべくその幅の広さや奥深さを偏ったかたちではなくお伝えしていきたいと思っています。

そしてインターネットを活用して、趣-omomuki-が発信していく内容を見ていただいた皆さまに「楽しいな」「やってみたいな」と感じてもらえる場所を「自分たちらしいやり方で」創っていきたいと思っています。

 

何かを批判するのではなく、どうやったら「楽しそう・やってみたい」と提案できるのか。

そして実行をしていく中で、どのようなかたちであれば継続して皆さまに楽しんでいただけるのか。

 

実現したいことからみてみると、道半ばどころかスタート地点にたったばかりで至らない点もある現状ですが、これからも楽しんでいただけるキッカケをスタッフと一緒に創っていきたいと思っています。

 

ちょっと前置きが長くなってしまいましたが、それでは新しく加わったスタッフをご紹介させていただきます!

1 2 3 4次のページ
趣通信の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会