ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

海外アーティスト、来日すると曲が速くなる?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

海外アーティスト、来日すると曲が速くなる?
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。3月1日(水)のオンエアでは、藤田とLicaxxxのコンビでお送りしました。

今週からLicaxxxの新コーナーがスタート。Licaxxxが日々の音楽生活の中からその感性に引っかかったナンバーを紹介するコーナー。タイトルは「ソナーリカックス」(通称:ソナリカ)!

記念すべき第一回目に紹介されたのは、Thundercatの「Tokyo」。この「Tokyo」は最新アルバム「Drunk」の中の一曲。

「なんでわざわざ私がThundercatを紹介するかと言いますと、ベーシストなのでベースがヤバい曲が多いんですけど、何と言っても、裏でシャカシャカいってるドラムとか、きっちりハマってないドラムとか、すごくポイントなんですよ。そこがすごくダンスミュージックっぽいっていう話です」(Licaxxx)

なぜそんなにダンスミュージックっぽいかというと、数々のダンスミュージックを世に送り出している、DJ・音楽プロデューサー、フライング・ロータスのレーベルから音源が出ているから、とLicaxxx。バンドなのにダンスミュージックのレーベルから出ているとは意外ですね。

「もう一つ推したいポイントが、全体としてすごく温かい雰囲気で、グルーヴィーな展開に、とにかくうっとりしてほしいというのがありまして」(Licaxxx)。 日本でいうとWONK、D.A.N.、cero好きにはオススメだそうです。

ちなみに「Tokyo」の歌詞では、「『魚食べたり、お腹痛くなったり、ガンダムカフェに行ったり、アニメに散財したり』って歌ってます(笑)」と藤田。Licaxxxの印象では、海外のアーティストが東京に来て曲を作ると、BPMが速くなっているのだそう。その理由をLicaxxは、「見える情景です。日本では、人の流れが速かったりとか、新幹線に乗ってて…」と分析していました。

この他、「SONAR TO THE NEXT」では、御茶ノ水女子大の学生100人に「まだまだ知られてないけど、今密かに注目するアーティストは?」をテーマにとったアンケート結果を発表しました!

■今回のオンエア曲
DATS「Mobile」
吉澤嘉代子「えらばれし子供たちの密話」
Goose house「僕らだけの等身大」
DYGL「Come Together」
Temples「Certainty」
Eccy feat. Shing02「天蓋のオリフィス」
Afrojack feat. Ty Dolla $ign「Gone」
Thundercat「Tokyo」
関取花「もしも僕に」
MONO NO AWARE 「イワンコッチャナイ」

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 23時30分−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。