ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【稼げる資格】実例インタビュー~「エンジニアとしての技術を客観的に証明してくれます」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:keimanahensyu:20170222181918p:plain

誰もが稼げる資格はなくても、あなただから稼げる資格は必ずある。

資格選びで大切なのは、あなた自身の「これまでの経験」「今の興味」そして「将来のイメージ」と、どれだけしっくりくるか。

そこで、編集部が注目する資格について、「実際に資格を活用されている方」の実例をじっくり伺ってきました。実際に未経験から資格を取得し成功した人の話だから、リアルな活用の仕方がわかります。

今回は、「シスコ技術者認定」を活用されている方にインタビュー。未来のあなたの声を聞いて下さい。

「スキルを客観的に証明できるため、

〝自分をアピールする武器〟として仕事の幅を広げ、

技術者としての成長を後押ししてくれます」

自分で解決できないもどかしさが資格取得のモチベーションに

小林さんは大学を卒業後、通信建設企業に就職し、ネットワーク系の技術者としてキャリアをスタートさせた。「最初は現場で機器の設置に携わりましたが、決められた手順通りに従って手を動かすだけで、自分で考えて作業をすることはありませんでした。トラブルが起きても設定担当者に連絡をしてその指示通りにやるしかない。『自分で解決することができれば……』というもどかしさを次第に感じるようになりました」。

そんな折、シスコ技術者認定の存在を知り、初級レベルのCCNA*1取得を決意する。経験不足のハンデをカバーするため、「知識を丸暗記するのではなく、どうしてこの設定で動くのか、なぜこの機能が必要なのかといった理由が理解できるまで」反復して学習を重ねる一方で、実際に機器を使って手を動かし、スキルを身体に覚え込ませることで2003年に合格。「取得後は機器の設定を任せてもらえるなど業務の幅が広がり、現場におけるこの資格の価値の高さを実感しました」。

f:id:keimanahensyu:20170222183943p:plain

小林さんが受験した2003年に比べ、現在は公式テキストやシスコシステムズのホームページの活用、認定講座の受講など学習環境も充実。

複数の分野で資格を取得しステップアップすることが〝稼げる〟技術者への道

CCNA取得後も上位資格であるCCNP、デザイン(設計)分野のCCDA、CCDPを取得した小林さん。シスコ認定ラーニングパートナーのグローバルナレッジネットワーク(株)に転職してからも、ネットワーク技術系資格の最高峰といわれるCCIE Routing and Switchingを取得するなど学び続けている。「これからの〝稼げる〟エンジニアとは、ひとつの分野にこだわらず、マルチに対応できる人材です。シスコ製品は現場での普及度も高く、分野ごとのスキルを客観的に証明できるシスコ技術者認定は業界基準のひとつとなっています。取得を通じてステップアップできるのもこの資格の特徴ですが、CCNA Routing and Switching取得はその第一歩。公式テキストや認定講座を活用して知識とスキルを確実に身につけることができれば、〝自分をアピールする武器〟となり、技術者としてのキャリア設計の指針となるはずです」。

いかかでしたか?あなたにとって「シスコ技術者認定」は、新しい人生を切り開けそうな資格でしたか?資格という武器を手に入れて、あなたもぜひ稼げる力を手に入れてください。

構成/文 ケイマナニュース!編集部 取材・文/竹下 誠(サンポスト) 撮影/工藤朋子 小林洋之さん(当時35歳)

2003年にCCNA Routing and Switchingを取得。現在はグローバルナレッジネットワーク(株)にてネットワーク系コースのインストラクターを務める。

※この記事は2016年2月時点での情報を基に作成しています。

*1:現在は、CCNA Routing and Switchingに改訂された。

関連記事リンク(外部サイト)

社会的ニーズから読み解く!仕事に繋がる!役立つ!資格10選 (後編)
社会的ニーズから読み解く!仕事に繋がる!役立つ!資格10選 (前編)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。