体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今年は更にパワーアップ!春の「横浜赤レンガ倉庫」でイースターを祝おう

今年は更にパワーアップ!春の「横浜赤レンガ倉庫」でイースターを祝おう 「NAKANIwA(ナカニワ)~FLOWER GARDEN 15th anniversary~」

4月1日(土)~23日(日)までの期間中、横浜赤レンガ倉庫では自然の里山のような空間を楽しめる「NAKANIwA(ナカニワ)~FLOWER GARDEN 15th anniversary~」を開催。毎年恒例の春を告げるイベントです。

リニューアルオープン15周年を迎えた今年のテーマは「ナチュラルガーデン」。従来までの草花鑑賞を楽しむ花壇スタイルから、庭園スタイルへと構成を変更し、より自然の中を散策している感覚を味わえます。

また館内ではイースターにちなんだキャンペーン「Red Brick Easter」が3月17日(金)~4月23日(日)に開催され、イースターの象徴である卵を使ったメニューやうさぎをモチーフにしたかわいい商品が並びます♪

「いつ来ても変わらない、けれども、いつ来ても新しい」をコンセプトに掲げる横浜赤レンガ倉庫の春の思い出作りに、家族や友人と出かけてみてはいかがでしょうか。

15周年を迎える横浜赤レンガ倉庫で自然散策

横浜赤レンガ倉庫リニューアル15周年のロゴマーク

横浜赤レンガ倉庫リニューアル15周年のロゴマーク

横浜赤レンガ倉庫が2007年4月にリニューアルオープン5周年を迎えた記念にスタートした横浜の春の風物詩「FLOWER GARDEN」。毎年テーマを変えて開催してきたこのイベント、今年は15周年記念ということもあってさらにパワーアップした内容でゲストを楽しませてくれます♪

会場には、シンボルツリーとなる高さ6mのメラレウカや多翼型風車、カントリースタイルの庭、ウツギやユキヤナギ等が彩る池などで構成され、日本の懐かしい里山の景色と雰囲気は、都会の横浜にいることを一時忘れさせてくれるでしょう。

18:00~24:00の夜のライトアップは幻想的な雰囲気に包まれ、昼間とは違った表情を楽しめます。

館内ではイースターにちなんだメニューやグッズも!

卵やうさぎをモチーフにした商品 卵やうさぎをモチーフにした商品が充実♪お土産

お土産にいかが?

館内キャンペーン「Red Brick Easter」では、各店舗でイースターの象徴である「卵」を使ったメニューや「うさぎ」をモチーフにした商品が並びます。

ころんとかわいいお手玉「たまご型コロコロトリお手玉(各734~950円)」や、和風のちりめん細工のうさぎストラップがついた赤レンガあめ缶(993円)はお土産にもぴったり。お子様ランチ

大人も食べられるお子様ランチ(1274円)

2号館1階にある「横濱たちばな亭」では大人も食べられるお子様ランチも登場!

普段なかなか食べられない懐かしのプレートランチ、童心に返ってイースターを楽しんでみてはいかがでしょうか♪

まとめ

もともとイースターとはキリスト教のお祭りのことで、キリストの復活を祝ってクリスマス同様に家族で卵料理を食べたり生命の誕生をイメージさせる「卵」や「うさぎ」をモチーフにした家の飾りつけや、お菓子を交換したりして楽しんだそうです。

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。