体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

言葉の壁を乗り越え、すぐ意気投合!インド洋の島々でたくさんの「安心感」に触れた

言葉の壁を乗り越え、すぐ意気投合!インド洋の島々でたくさんの「安心感」に触れた

現在まさに、世界一周真っ最中の第93回ピースボート。その船に乗って2回目のピースボートクルーズで世界一周中のひーちゃんこと林仁美さんです。1回目の世界一周の船旅では、乗船してきたベネズエラの人々と交流を深め、帰国後も一緒に時間を過ごすなど、人との出会いで旅を満喫しています。

そんなひーちゃんが、世界中の街を歩いて現地の人々と出会っていく様子をレポートします。

 

舞台はインド洋の島々

今回の舞台はインド洋です!モーリシャスとフランスの海外県レユニオン島、そしてバオバブの木で有名なマダガスカルを巡ってきました。上海とシンガポールに上陸し、アジアを後にしたピースボート第93回クルーズは、12月30日にモーリシャス島、31日にレユニオン島に寄港しました。その後、マダガスカルとアフリカの島々に次々と上陸しました。

私はアジアに引き続き、何も決めずにぶらぶら。モーリシャスではまず、友達とみんなで市場に行きました。市場は広く、食材から日用品、お土産までいろいろなものがあります。宝くじも売っていました。

その後はみんなでタクシーに乗り、海へ。海は白い砂とグリーンがかったブルーでとってもきれいで穏やかでした。すぐ近くを泳いでいた数種類の魚も見ることができました。

ビーチでは、いろいろな人と出会います。海の中で、「わーーーー!!気持ちーーーーい!」と言っていると近くにいた人たちが反応してくれました。笑顔で私の方を見てきたので「ハーイ!気持ちいいね~~~」と声をかけてみると。

「これは僕の娘だよ」と紹介をしてくれたり、名前や住んでいる場所などお互いのことを話します。仲良くなって水の掛け合いをしたりして、わいわい楽しかったです。

海には地元の人もたくさん来ています。

このお兄さんは写真にはこだわりがあるようでサングラスを外したり、付けたりして、納得するまで何回か写真を撮りました。海を満喫した後は、タクシーに乗り、海から港の近くのショッピングセンターに行きました。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。